少しタガのはずれた絵日記


by oka002
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タグ:広島語講座 ( 5 ) タグの人気記事

県北の中国山地沿いは冬季、積雪1メートルを軽く越す寒冷地。
かたや南は温暖で瀬戸内海が波静かに輝き、島嶼部ではみかんやブルーベリーなども栽培される。
そんな広島県を「日本の縮図」と呼ぶ人もあります。
野生動物もこれに見合っていろいろたくさんいます…と胸を張っていいたいところなのですが、寡聞にしてよく知りません。
ただし、私の身近では猿や狸をよく見かけますし、猪も頻繁に出没するらしい。
春だったか、イタチみたいな小動物もちょろりと出たのを見ましたね。
鳥類ならキジや山鳥といった立派なのに会った覚えも。
農作物、時には人に被害をもたらすこともある野生動物ですが、私としては動物たちがのびのび暮らせる豊かな自然を極力残し、必要なら回復して、開発は最小限に留めて欲しいと思っています。
そのほうが結局人間にも安全で暮らしやすい環境になるような気がしますし。

さて、またも懲りずにお送りする「広島語講座」、今回は「ネイチァリング編」です。
海に山に、広島の自然をエンジョイしてみたい方は必見。

「ネイチァリング広島語講座」を受講する
[PR]
by oka002 | 2006-09-10 22:08 | FAXのある風景
先日アップした記事『方言バトン』で私の母語である広島語を披露いたしましたところ
意外にも好意的なリアクションをいただき、かえって恐縮しているところです。
ネイティブ以外で広島弁が好きという方が本当にいらっしゃるのにまず驚きました。
(それにしてはこれまで『広島語講座』に受講者があった形跡はないようですが)
本来ですとこのカテゴリで2日も続けるつもりはなかったのですが、お礼方々アップ。

さて今回の『広島語講座』では、「恐怖の広島語」をご紹介します。
怖いのは苦手、という方は直ちにここを離れるのが得策です。それでも見るという方、
読み終えた後でもう一つの恐怖が待ち受けていますから、くれぐれもご用心。

ホリブル広島語講座(Horrible Hiroshiman Course)を受講する
[PR]
by oka002 | 2006-05-31 22:56 | FAXのある風景
開講以来おかげさまで好評を博している広島語講座。←嘘つけ
ご要望にお答えして、ビジネスバージョンも展開することにいたしました。
題して『一銭にもならんがビジネス広島語講座』。

広島での円滑な事業運営には、広島語の習得が欠かせません。
皆さんもこの講座でビジネスチャンスを広げてみませんか?

ビジネス広島語講座を受講する
[PR]
by oka002 | 2006-04-28 21:43 | FAXのある風景

本日開講・広島語講座

新学期開始以来初めての週末という今日、またも姉一家が訪ねてきました。
姪たちもそれぞれ小学5年と2年になり、心なしか少しお姉さんらしく見えます。
  (私も年をとるはずだよ……フ……)
担任の先生が替わったとか、仲良しの誰ちゃんとまた同じクラスになって嬉しいとか話してくれました。
大きい姪は私のデジカメに興味津々、撮影の仕方を教えたらその場で両親(つまり私の姉と姉婿)にシャッターを切る。
とっさのことだったので夫婦とも何の心積もりもなく、結果として実に自然な仕上がりに。
帰宅した姉にこの写真をメールで送ったところ、「久々の2ショット」と喜んでいました。
何事につけてもすばやく吸収する子供の柔軟な適応能力には毎度驚かされます。

学年が改まるこの時期はピカピカの1年生ならずとも新しいことを始めるチャンス。
テレビやラジオなどでも語学講座その他いろいろな番組がスタートし、書店にはテキストが平積みにされていますね。
当ブログでもこれに倣い、小さな講座を開こうと思います。名づけて『広島語講座』。
独特の言い回しや強いアクセントのためか、当地の言葉は「きつい」「こわい」と世間の評判もおよそ芳しからず、広島県民として前々から心を痛めておりました。
この講座が広島弁のイメージを少しでも払拭するきっかけになれば幸いです。
「FAXのある風景」シリーズでもお馴染みの平清盛・知盛父子が講師を務めます。
さて、その記念すべき第1回目のテーマは

「サバイバル広島語講座」←ドコガイメージ払拭ダヽ( ・∀・)ノ┌┛ガッΣ(ノ`Д´)ノ !!!

今すぐ受講する
[PR]
by oka002 | 2006-04-08 22:42 | FAXのある風景

ファミリー・ビジネス

突然ですが、私は三人姉妹の中娘です。
いずれも強力な姉と妹に挟まれ、自分なりに難しい均衡を保ちながら育ったように思います。
そのせいか兄弟姉妹のいる人に滅法弱い傾向があるようで。
ごく小さいときに頼朝・義経の話を聞いて夢中になったのも今思えば自分の経験から来ていたのかもしれません。
兄弟が同じ事業に携わっているなんていう話を聞いただけでころりと参ってしまうのですね。
兄弟揃って役者だとか、兄弟で民話を収集してたとか、兄弟でバンドをやってるとか。
  (あ~でも、狩人はそんなに好きじゃなかったな)
そういえば『スクール・オブ・ロック』に名前が出ていた「ホワイト・ストライプス」というグループ、CDショップに偶然あったのを見て驚きました。
お姉さんがドラムを叩き、弟がギターを弾いて歌うんだそうで。かっこいいかも。

さて、この延長になりますが親子を含めた家族関係も昔からの関心事。
拙作では平清盛・知盛という似た者父子に代表させています。
ご存知のように清盛は安芸守として広島地方にある一時期赴任し、現在の形の厳島神社を建立しました。
ただそれだけのために、私の脳内では強制的に広島弁を喋らされている気の毒な二人です。
彼らの言葉をさらに外国語訳したら…という趣向で次の4コマを描きました。

『パリの変人』を見る
[PR]
by oka002 | 2006-03-20 22:24 | FAXのある風景