少しタガのはずれた絵日記


by oka002
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

似合う色を探して

今日偶然ファッションサイトを見たところ、その中でパーソナルカラー診断をしているのに気づきました。
結果はもう分かっているくせに、つい懐かしくてやってしまいました…

ご存知の方も多いと思いますが、肌や髪、瞳の色や全体的な雰囲気を分析して、その人にぴったり合う色を見つけることです。
自分に合う色が分かっているとなかなか便利ですよ。
服を新調するときも選ぶのが楽になり、自信を持って買えます。
女性の場合はお化粧にも役立ちますね。

上記だけでなく、似たサイトはいろいろあります。
「パーソナルカラー診断」で検索すればそれこそ星の数ほどもヒットするほど。
もちろん書籍もたくさん出ていますし、資格を持って調べてくれる専門家もいらっしゃいます。

で、いろいろググってるうちにこんな変り種も発見しました。

四姫別カラー診断

四姫とは「楊貴妃」「小野小町」「アフロディテ」「クレオパトラ」の四人ですとさ。
他はともかくアフロディテが「姫」というのもなんだか…(笑)

ご紹介しておいて恐縮ですが、自己診断には一つ問題があります。
往々にして間違った選択をしやすいということです。
かくいう私も雑誌か本で見て自分で調べ、「秋タイプ」と確信していた時期がありました。
似合いもしないターコイズブルーの上着を買ったりしてたものです。
運よくカラー診断士の方に見ていただくご縁があり、「冬タイプ」と見立てられたときには愕然としましたよ。
(上の一文で私の顔を想像してる方、念のため申し上げますが、ファッションサイトのイラストは全く参考になりませんから~)
おかげで大胆にもマゼンタや鮮やかな紫もファッションに取り入れられるようになりました。
いずれも「似合う」という確信がなければ絶対手にも取らなかったであろう色ですね。

一般に合わせにくいと敬遠されがちな紫ですが、味方につければオシャレ指数が格段に上がるいい色ですよ。
一口に紫といってもボルドー、藤色、アイリス、バイオレット、ライラック、紫紺に茄子紺、はたまたディープパープル(あれ?)など、濃淡や色合いはさまざまです。
数ある中にはしっくりくる「マイベスト紫」が見つかるのではないでしょうか。

いろいろ書き出しましたがこれをご覧になって興味が出てきたという方、是非とも専門家に見ていただくようお勧めします。
何がしか料金も発生しますが、後々のことを考えれば割のいい先行投資ですよ。
[PR]
by oka002 | 2006-02-07 22:38 | お気に入り