少しタガのはずれた絵日記


by oka002
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

プライドと偏見

往古の装いした人と瀟洒な建物、そして壮大な自然がやさしい色彩で織り成す
美しい時代絵巻を本日見て参りました。
前に見たコリン・ファース主演(?)のドラマ版が大変よかったので
映画のほうは見劣りするんじゃないかと密かに危惧していましたが
なかなかどうしてこちらも素晴らしい出来でしたよ。
ドラマ版を見ているせいでどうしても比較してしまうし、お話の筋も分かっているのですが
本作についてはそれもまたいいかなと思います。
浮沈はあってもハッピーエンドだと分かっている、この安心感は昨今むしろ貴重かと。



『ラブアク』以来久方ぶりで見たウニバーサル&ワーキングタイトルのロゴ映像に続き
女主人公のエリザベスが現れます。ここでまず思ったのは
キーラ・ナイトレイの首は細長くて羨ましい
ドラマではジェニファー・エール(「イーリー」と読むんだという人もありますが本当のところどうなんでしょうね)が務め、なんと美しい人だろうと感嘆したものです。
今回のキーラ・ナイトレイは利発さよりは愛らしさが前面に出た感じもしますがこれはこれでまた魅力的。
大きな輝く目も生き生きと表情豊かに、無邪気な笑顔で画面を明るくしてくれました。

お相手のダーシー(マシュー・マクファディン)も健闘してたと思います。
コリン・ファースの後でさぞ重圧だったことでしょうが(きっと比べてた人は多いはず)。
上映開始から間なしに舞踏会の場面があり、英国のカントリーダンスをじっくり楽しめます。
「これこれ、このダンスが見たかったのよ」とすっかり嬉しくなってしまいました。
『ハリポタ』の中途半端なダンスシーンに不満をかこっていた身には心洗われる気持ちです。
主役の二人はダンスしながら話もするんですね。
あんな大勢が入り乱れて踊ってるのによく聞き取れるなと思いますが。
詮無いことながら、ダンブルドア先生とマクゴナガル先生にも踊りながら何か言って欲しかったですよ。
「ミネルバ、今宵はまた一段と美しいの」
「あなたのためでしてよ、アルバス」とかなんとか←待て

つい与太話モードに入りかけました。本筋に戻ります。
旧作のジェーン(女優さんのお名前は失念しました)は一目見て「ギリシャ彫刻のようだ」と思ったほどの美形でした。
変わって今回のロザムンド・パイクさんはむしろ親しみの持てる美しさの持ち主。
毎回賑やかでコミカルなお母上は作品に強いアクセントをつけてくれます。
これにつきいつも思うのはこの人って私の母親そのものだよ…
人に話させず自分の言いたい放題しゃべりまくるところなんか、まさに。
言ってみればどこの世界にもいるタイプなわけですね、と妙に感心。
ドナルド・サザーランド親父どんも、これまであまり気をつけて見なかった人ですがさすが!の貫禄です。
終始淡々とした素振りだったのがラストシーンで一変、娘の結婚を心底喜ぶ父の顔に。
「私は暇だよ」とつぶやく、嬉しさと寂しさをにじませた幕切れが鮮やかでした。
[PR]
by oka002 | 2006-01-15 22:40 | 世界は舞台 人生は花道