少しタガのはずれた絵日記


by oka002
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ライフログを使ってみる

「ライフログ」と入力したつもりだったのに
「ライフ六」と変換されてしまいました。←ナンダソリャ??(; ゚д゚)ポカーン

違う、ぞと。(古っ)

さて、私が思いますのに
当代一美しい絵を描かれる漫画家のお一人、
それは皇なつき先生ではないかと。
(↑「当代一」が何人もいるのはおかしくないですか)

デビュー作『花情曲(はなのこえ)』でノックアウトされ、
以来出る本は片端から買い込んだという筋金入りのファンでございます。
(でもごく最近のは買ってないか…画集欲しいよう)
この方の艶麗典雅な画風を愛する方は世に多かろうというのに
アマゾンコムを検索しても画像入りで紹介される作品はわずかしかないのですね(泣)
その稀な例の一つがこちら
a0063926_842294.jpg
山に住む神』角川書店






皇先生の絵は、初期と現在で絵柄が少し変わってます。
美しいことに変わりはないのですが。
本作はその中でもごく最初期に描かれた短編「越人歌」と
割合に新しい作品の双方が拝めますのでなかなかお得な一冊。
表題作の「山に住む神」は珍しい李氏朝鮮時代物です。
(チョゴリストのTractusさん、ご覧になってますか~?)

その上今改めて読み返すと、さらにさらに珍しい
中世英国物「略奪された娘」まで収録されてます。
映画『ロビンフッド』を髣髴とさせるストーリー(およびキャラクター)に
思わず「ひゃっほう」とうならされること請け合い。お勧めです。
[PR]
by oka002 | 2005-11-12 09:11 | 書物の歓び