少しタガのはずれた絵日記


by oka002
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
a0063926_2255073.jpg
             ↑ベニチオ・デル・トロ扮するチェ・ゲバラ 

劇場まで足を運んだのは、何ヶ月ぶりでしょうか。それとも1年単位か?
このところ何かと家庭内が慌しく、映画はおろか純粋に1人でのんびり街歩き…などと言うことからも大分遠ざかっていました。
今日は珍しくも暇ができましたので、久方ぶりに映画を見てまいりました。

今年公開される作品の中には、新年早々いきなり期待大なものがありますね。
冒頭は『チェ 28歳の革命』のワンシーン(原題は『L'Argentin』)。
いわずと知れたキューバ革命の立役者、エルネスト・“チェ”・ゲバラを主人公とする2部作の第1部です。下は映画ポスター。説明するまでもなく右の男性がデル・トロさん扮するゲバラです。
a0063926_22382383.jpg
                  何となく古谷一行さんにも似てる気が↑

『28歳の革命』、広島でも本日10日から公開されました(『チェ』第2部の『39歳別れの手紙』も月末に公開予定)。
同時に関連作品として、『モーターサイクル・ダイアリーズ』が広島サロンシネマにて一週間限定で再上映されております。本日見に行ったのはこちらの方(前置き長ッ)。
a0063926_22515435.jpg
          ♪殿様ガエル、アマガエル~、蛙に色々あるけれど~(違)

2004年の作品ですから、とうにご覧になった方も多いことでしょう。
故郷のブエノスアイレスから友人とバイクで巡る旅。旅先のそこかしこで出会う人々のある者は貧しく虐げられ、またある者は瀕死の病に侵されながらも懸命に生きていました。南米大陸の雄大な自然がこれと強烈な対比を見せています。旅を終えた若きゲバラの心に何かが芽生えるという筋。
今をときめく若手俳優ガエル・ガルシア・ベルナルさんが、後にチェ・ゲバラと呼ばれるエルネスト青年を好演しています。
なにせ私がこの方を初めて見たのはかの『恋愛睡眠のすすめ』ですから、なんというか物凄く「まとも」な役柄。でも時折見せる可憐?な表情はゲバラになっても不変です。世知に長けた友人役の方もとぼけたいい味を出していて好感を持ちました。

ゲバラについて私が何を知っているというわけでもないのですけど(実際これを見て初めて彼がアルゼンチン人だと知ったほど)、若年より「抵抗」という生き方に憧れのようなものを抱くひねくれ根性ゆえでしょうか、かなり楽しみにしております。
ちなみにこのゲバラさん、意外にも我が地元・広島に所縁がありまして。
キューバ政権が誕生した1959年の来日時に広島にも立ち寄り慰霊碑に参拝、原爆資料館を見学したほか、写真撮影などしていたのだそうです。

【参考資料】 慰霊碑の写真あった ゲバラが1959年の広島を撮影(中国新聞)

映画鑑賞の後、そういえばこんな漫画もあったなと読みたくなるこの頃。←オイッ(゚Д゚ ;)!!
a0063926_23202879.jpg






ゲバラちえ子の革命的日常』 しりあがり寿
[PR]
by oka002 | 2009-01-10 23:22 | 世界は舞台 人生は花道 | Trackback | Comments(0)
前にも書いたことですが、何と私はこの2月まであの傑作映画『マスク』を見たことがありませんでした。
当代随一の喜劇俳優との呼び声も高いマニシェの足と頭をつまんでちょっと引き伸ばした形の彼、ジム・キャリーさんの至芸に、そこで初めて触れたわけです。これほど面白いものをずっと知らずに過ごしたのは何とも勿体無いことですが。

同じくキャリーさんが主役を張る『エターナル・サンシャイン』。かねてある方から「いいよ」と聞いてDVDを入手し、もう大分前に鑑賞しながらなかなか感想を書けずにいました。かといって今もそう巧く書けそうにありませんが。

この映画、「泣ける」と聞いていたので念のため家人に邪魔されないよう部屋に籠り、パソコンにDVDをセットして鑑賞。
①英語+日本語字幕で一通り見た後②日本語吹き替え(字幕なし)、更に駄目押しで③英語+英語字幕とぶっ続けに3回見、3回ともたっぷり涙を絞られました。
しかも、見るたびに泣きポイントが変わるような気が…

ここからネタバレにつき注意
[PR]
by oka002 | 2007-06-25 23:48 | 世界は舞台 人生は花道 | Trackback | Comments(0)
カンヌ映画祭も各賞が発表され、めでたくお開きになりました。
本日の話題も映画。私選考による「最もエキサイティングなニュース」です。
昔ビデオで観て大笑いした作品が、当代きっての名優の手で蘇るとか。
仕上がりはどうなるか本当にわくわくします。

「虹を掴む男」、マイク・マイヤーズ主演でリメイク

マイク・マイヤーズさんといえば、史上最強ナンセンス映画と評判の『オースティン・パワーズ』シリーズが有名ですね。と言うより私はそれ以外知らないんですが。
面白いけどかなり際どいギャグで全編占められておりますので、はっきり好みが分かれるシリーズだと思います。(ちなみに私は2作と3作を観ていて、1作は未見です)

一方『虹を掴む男(原題「THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY」)』は、往年の名コメディアン、ダニー・ケイさんの傑作のひとつです。
平凡で冴えないサラリーマンが偶然会った女性に恋をするお話ですが、映画の眼目は主人公の荒唐無稽な空想といえるでしょう。
どのくらいとんでもない空想か、言うと楽しみが半減するので遠慮します。ただ「天才外科医が…」ぐらいしか…オットット(-x-;)
興味のある方はオリジナルを是非ご覧になってみてください。

それにしても、リメイク版にはジム・キャリーさんも主役候補に挙がっていたんですねえ。
さすがというか、原作がいかに高く評価されていたか、またダニー・ケイさんがいかに後輩の尊崇を集め、人々に慕われていたか伺えます。
[PR]
by oka002 | 2007-05-30 23:43 | 世界は舞台 人生は花道 | Trackback | Comments(0)
3月26日に観た映画の感想を、今頃になって書き出そうと思います。
当時は妹がアメリカから一時帰国していた折で、久しぶりに帰った広島の街を案内がてら、この映画を観に行ったのでした。

映画以外のレポートについては→こちら

容易にご想像が付くかと思いますが、邦画はともかく映画の公開はアメリカの方が日本より遥かに早いです。
今回の作品『ホリデイ』も向こうではとうの昔、多分クリスマス前には公開されていまして、従って妹はこれが2度めの鑑賞でした。「面白いから2回見てもいい」と妹は言っていましたが。
私はといえば勿論ずっと公開を楽しみに待っていて、いよいよ満を持しての鑑賞です。
とりわけあのジャック・ブラックがケイト・ウィンスレットとがっぷり四つに組んで、どんな面白いドラマが展開されることか。大いなる期待を抱いて劇場に入りました。
期待は裏切られることはなく、冒頭から(ある意味において)度肝を抜かれ、一気に物語の世界へと引っさらわれてしまいました。
  
  

以下ネタバレあり、注意
[PR]
by oka002 | 2007-04-16 00:54 | 世界は舞台 人生は花道 | Trackback | Comments(0)
以前「オヤジ俳優図鑑」をご紹介してお馴染みの「HOT HOT PEOPLE(シネマトゥデイ)」に、新しい企画が掲載されておりました。

いまいちマイナー……でもイケメン図鑑

何かいきなりマルフォイいますね。今よりちょっとお兄さんになったげなマルフォイが(違)。なるほどなるほど。「イケメン通」で自ら任じるライターさんだけに、紹介してくださるのは素敵な方ばかりです。

『プライドと偏見』で初めて見た時、オーランド・ブルームさんと間違えたルパート・フレンドさんが二番手に名を連ねていますね。
でも私が一番嬉しかったのは『ラブ・アクチュアリー』のロドリゴ・サントロさんです。
あれは文句なしの美男子でしたからね。穏やかでやさしげな表情が印象的でした。
しかし「かっこよすぎてハリウッドでは演技力が全く必要とされない役にキャスティングされて少々、気の毒」はないんじゃないですか。(・"・)

などと言っていたらパ、『パフューム』のベ、ベン・ウィショーもですか!?エエエエエ(; ゚д゚)エエエエエ
これを「イケメン」に分類するのは、私としてはちょっと…(涙)
[PR]
by oka002 | 2007-04-09 22:46 | 世界は舞台 人生は花道 | Trackback | Comments(2)
日曜とは言いながらも新年度がスタートしましたね。
新1年生に倣って新しい分野のお勉強でも始めてみましょうか、という気分になる可能性もありげな人もいるかもしれませんね。←自分はその1人ではないことが明白な口調

これとは比較にもなりませんが、前から必ず見るぞと言いつつこれまで先延ばしにされてきた映画、『パフューム』をやっと今日見てきました。早く行かないと本当に上映期間が終了してしまうとかなり焦っていましたから、とりあえず鑑賞できて安心しているところです。
しかも私、チケットを買う段まで気付かなかったんですが、今日は1日で「映画の日」でしたので、なんと幸運にも1,000円でこの作品を見てしまいました。
『パフューム―ある人殺しの物語―』というタイトルからして、見終わった後幸せな気分になれるタイプの作品ではないと覚悟はしていたものの、いざ劇場に着くと私の前の回に見た人たちが軒並みしかめっ面(・"・)で出てくるので、「これは相当不可解な、救いのないお話なのでは」とかなり不安になったのですが…。

以下、軽くネタバレ
[PR]
by oka002 | 2007-04-01 21:44 | 世界は舞台 人生は花道 | Trackback | Comments(0)
a0063926_2150972.jpg昨年来フランスといえば、ジダン憎し。

いや違う、今日はそういう話題ではありません。
マリー・アントワネット』は、どうやら予告編を見ただけで終わりそうな公算が日増しに強まっています。ま、いいですけどね。
実を言えばそれより余程観たかったのがこの『オーロラ』(2006・仏)。
上映館は広島市内でただ一ヶ所、23日の終了も迫って来ているので本日行ってきました。

オーストリア皇女でフランスに嫁いだマリー・アントワネットは、世界でも指折りの有名なお姫様。かたやオーロラも、小さいながられっきとした王国のお姫様。
こうして並べてみると、『姫様物』とでも言えそうな乙女心をくすぐるタイプの映画が次々に作られているのですね。
現実には社会で様々な困難にチャレンジする女性の「でも私だって、一遍ぐらいお姫様みたいに扱われてみたいわよね」という秘かな願いに応えるかのような「お姫様擬似体験ストーリー」が量産されるのも、時代の趨勢でしょうか。
そういえば一緒に入ったお客さんの中にも、かすかに姫っぽいワンピースを着てきた人がいました(笑)。

さて、『オーロラ』を見ての感想。
いろいろありますが、まずこれだけは言わせていただきたいと思います。

以下、衝撃のネタバレが続きます。
[PR]
by oka002 | 2007-03-18 23:40 | 世界は舞台 人生は花道 | Trackback | Comments(4)
「ホリデイ」と聞いてマドンナの歌を連想する辺りにも、寄る年波が(悄然)。

さて、キャメロン・ディアスは元々好きな女優さんですが、J・ロウは今まで余り観てないのでよくわかりません。
写真を見る限り、美男美女の正統的カップリングとは言えるでしょう。
しかし、個人的に見所と思われるのは何といってもこの2人の顔合わせ。
a0063926_229578.jpg
キタ─wヘ√レvv~(゚∀゚)─wヘ√レvv~─ !!!
K・ウィンスレットとJ・ブラックという私の2大贔屓役者の、大西洋を股にかけた共演がついに実現しました。

特にブラック兄さんはあの傑作『スクール・オブ・ロック』以来大ブレイク。
今やケイトさんの恋人役に抜擢されるまでに出世したかと思うと、こちらまで嬉しくなってしまいます。
ナチョ・リブレ』も結局流れてしまいましたが、観たかったなぁ。

とびきりキュートでヘルシー、そしてちょっぴりメタボリックな世界最強カップルに、是非劇場で会いたいと思います。

『ホリデイ』オフィシャルサイト

何か知らんがここで【恋愛休暇診断】なんてものもできるらしいですよ。
[PR]
by oka002 | 2007-03-11 22:03 | 世界は舞台 人生は花道 | Trackback | Comments(2)

『上海の伯爵夫人』

昨日、3月3日からいよいよ公開の問題作、『パフューム』を早速観て来ました!
…と言いたいところですが違います。
同じく昨日、これは広島でようやく始まった『上海の伯爵夫人』を観て参りました。
だってこちらは上映館が一つしかないし、上映期間も2週間ぐらいしかありませんからもたもたしてるとまた見逃してしまいます。

a0063926_21595283.jpg
それにしても、上映時間11:00~って何でそんなハンパな時刻に始めるんですか。
終わったら13:30ぐらいになって、どこでお昼にしようかうろうろ迷ってるうちにランチタイム終わっちゃう恐れがありますよ。
てなわけで前夜のうちにネットで映画館周辺のレストランを調べ上げ、ここと言う所を決めておいてクーポン券まで印刷して準備を整えました。
Hotpepperさん、いつもありがとう!
(普段はグダグダのくせに、こういう時だけ妙に綿密な計画を立てる奴)
それで終了後にはHearty soupさんで『春一杯プチサンドセット』をいただきました。
可愛い丸パンにはサーモン、レタスにクリームチーズが挟まってます。
メインディッシュは数種類から選べるスープ。初回は香り高いカレースープにしました。
サラダとデザートの杏仁プリン、ドリンクにはコーヒー。
大変美味しかったです。って全然映画の話になってないじゃないですか。

a0063926_220683.jpg
しかし私1人だけ遊んで帰宅するのも家族に申し訳ないことでして。
広島駅から電車に乗る前に母に電話を入れ、何か要る物はないか尋ねました。
すると「ひな祭りの後夜祭(?)をするので、ケーキでも買って戻れ」という返事。
それじゃあ、てんでお馴染みのマリオデザート広島ASSE店に立ち寄り買ったのが、ご覧の『黒胡麻タルト』です。
サクサクのタルト生地に黒胡麻のペースト、黒胡麻のクリームを敷き詰め黒豆をトッピング。
クリームの下にはさりげなく松の実も入った香ばしい逸品です。
家族にも好評でした。って一向に映画の話する気配もないじゃありませんか。

それじゃいい加減本題に入りますか。
[PR]
by oka002 | 2007-03-04 22:01 | 世界は舞台 人生は花道 | Trackback(2) | Comments(2)
ネットでニュースを読んでいたら、懐かしいお方を見つけました。
ドミニク・モナハンさん。

何かご不満をかこっておいでのようで。

そうですか。私は見たことないんでなんとも言いようがないんですが。
モナハンさん、私にとっては『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』以来の再会です。
ホビットのメリーを実に魅力的に演じていました。
大きな声では言えませんが、このシリーズの第二部と第三部は半ば
この方を目当てに見ていたといっても過言ではありません。


……いや待て、ピピンだったか?←オイッ(゚Д゚ ;)!!
ともかく彼の名前で思い出しましたので、いきなり4コマ劇場です。

『模倣はん』を読む
[PR]
by oka002 | 2007-02-21 23:35 | FAXのある風景 | Trackback | Comments(2)