少しタガのはずれた絵日記


by oka002
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:戯れ絵 ( 78 ) タグの人気記事

この顔にピンときたら

a0063926_10144233.jpg
ありがとうございます。
以前からご贔屓に預かっている方々ですね。
何を隠しましょう、私が一番最初に手がけた「パソコンアート」がこれ。
マジックで紙に殴り書きした原画をスキャナで取り込み、「ペイント」で着色しました。
当時は「領域が確定しないと一色に塗りつぶされる」ことも知らず、
こんなのでもひどい難儀をして描き上げました。
苦肉の策でスプレーを使ったのが、ありありとわかりますね。

さて、今夜は待ちに待った「リバーダンス」を鑑賞に参ります。
帰りが遅くなりそうなので、明日ご報告できるかな…
[PR]
by oka002 | 2005-11-26 10:26 | 戯れ絵 | Trackback | Comments(0)
私がこれまで描いた人物の中で一番難しかった人、それは豊臣秀吉です。
目立った特徴がありそうな人で以外かもしれませんが。
「サル顔」とか言われていますのでそのように描いてみてもどうもしっくりこないのです。
有名な肖像画を見てもオプションが多いといいますか、非常に描きにくい人です。
まして若いときの彼ともなりますともうお手上げです。
これから出てくる絵も、友達から「ごつい」「かわいくない」と不評でした。
くれぐれも期待なさいませぬよう(誰もしてないか)

お熱いのはニ・ガ・テ(このタイトルの元ネタわかる人って…)
[PR]
by oka002 | 2005-11-17 22:41 | FAXのある風景 | Trackback | Comments(0)

役者文様・その2

日本デザイン史にまたひとつ
新たな犠牲者伝説が生まれました。

More
[PR]
by oka002 | 2005-11-15 22:05 | 戯れ絵 | Trackback | Comments(4)
前世紀末から今世紀初めにかけ、我が家でFAXが大活躍した時期がありました。
遠方に住む友達何人かとFAXでやりとりしていたのです。
その際、何の魔がさしたものか私はとんでもないことを考え出しました。
すなわち「FAXに漫画をつけて送ってみよう」と。
かくして珍妙きわまる4コマシリーズが誕生しました。
皆様にもお楽しみいただければ幸いです。
では、第一作からお届けします。

初めてのFAX
[PR]
by oka002 | 2005-11-13 22:24 | FAXのある風景 | Trackback | Comments(0)

リサイクル

a0063926_23215929.jpg

限りある資源です。有効に活用しましょう
「…ネタもか…?」
[PR]
by oka002 | 2005-11-13 13:16 | 戯れ絵 | Trackback | Comments(4)

役者文様

唐草模様に葡萄模様、アラベスクだのペイズリー柄だの
見て楽しく美しい模様が世界中にあります。
日本古来の意匠にも、ときどきハッとするほど素晴らしいのがありますね。
その中に、歌舞伎役者の名前を冠するひときわ粋なグループが。

a0063926_2226543.gif←市川団十郎が用いたらしい鎌輪ぬ(かまわぬ) とか

a0063926_2233116.gif←尾上菊五郎が愛したという斧琴菊(よきこときく) とか

a0063926_22351227.gif←中村格子に

a0063926_223608.gif←市村格子etc






ならば、こんなのもあっていいのでは?

More
[PR]
by oka002 | 2005-11-11 22:45 | 戯れ絵 | Trackback(1) | Comments(4)
すでにご覧になった方もおいでとは存じますが。
え~、手っ取り早く申し上げますと

新婚旅行でイギリスに行った先輩からお土産をいただき、
お返しに差し上げたものなんですね。

英国三大英雄図を見る
[PR]
by oka002 | 2005-11-10 23:47 | 戯れ絵 | Trackback | Comments(0)

頼朝

このごろでは「頼朝」というと
某ホストクラブのカリスマホスト(入力しながら舌噛みそうになりました)
がとみに有名ですが。
なんともインパクトの強いネーミングで、
そのセンスの良さに脱帽します。
(もしかして、ご本名だったらどうしましょう)

ところで、これからお話しする頼朝は歴史上人物のほうです。
私は子供のときからこの時代の人物に興味を持っていて、
あれこれとりとめもない空想をはたらかせた上、
ノートに落書きまでしておりました。
もちろんお話としては筋道の通らないものばかりですが
親しい友達には見せたりして、結構楽しく描いていたものです。

そんな空想が現実の旅行と合体して、次の絵が生まれました。

歌舞伎座の頼朝
[PR]
by oka002 | 2005-11-09 21:30 | 戯れ絵 | Trackback | Comments(5)