少しタガのはずれた絵日記


by oka002
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:グルメ ( 37 ) タグの人気記事

登山仲間に連れられて戸河内(広島県山県郡安芸太田町)の山荘に来ています。
これからクリスマスパーティーです。
a0063926_17472299.jpg【12/23大幅追記】
自宅から車で1時間余り、山陽道と中国自動車道を通って来た戸河内は山深い(冬は雪も深いとか)静かな集落です。
こういう土地柄ですから冬はスキーなどのウィンタースポーツが盛ん…なのかな。
行ったことはないけど名前だけなら知ってるスキー場もいくつかこの周辺に点在するようです。
ただ山荘付近にはほとんど人家はなく、「集落」と言う呼び方も適当かどうか。
少し下った辺りには家や店などもチラホラあります。
生憎の雨の中、知人の大きなバンでよく入れるなというような狭い道を登り、山荘に到着しました。
中にはもう何人ものお友達が集まっていて、暖炉には赤々と火が灯り、女性陣は台所でパーティ料理の準備真っ最中。
男性陣はというと座ってゆっくりくつろぎ、既にチョコチョコ飲んでいたりする人も。
一方では部屋に電飾を取り付け、モミの枝を切ってきて飾りを作るなど(写真上)、アウトドアライフを楽しんでいる人ならではのクリスマス仕度が整いました。
a0063926_17472257.jpgご覧のような豪華なメニューが食卓に出揃い、夕方5時頃にいよいよパーティが始まりました。
オードブルには粉ふき芋やハム、茹でたスナックエンドウに加え、ベーコン・ウィンナー・チーズの燻製など。
チキンや小海老の唐揚げにカキフライ、ポテトサラダ、巻き寿司etc…。沢山ありすぎて書ききれません。
中でも評判が高かったのはさる料理自慢の奥様が拵えた「鯛の昆布じめ」です。
ぷりぷり太った鯛の身に薄く塩をしてお酒を振り、出汁昆布と順に重ねて味を含めたもの。
刺身のようにスライスしてこのままいただいても充分美味ですが、握り寿司にするとまた絶品なのです。
しかも後から殻つきの牡蠣を持ってきた人がいて、その場で七輪の火を起こし焼き牡蠣に。
その美味しさは今更言うまでもないことながら、今年は牡蠣が不漁だと聞いていたのでこんな食べ方が出来るとは夢にも思わなかったものですから、感動もひとしおです。
酒豪も集まるパーティらしく、飲み物にはメンバーが持ち寄ったいろんな種類のアルコール類が並びました。
乾杯用のスパークリングワインに赤ワイン、「オールドパー」とかいうスコッチウイスキー、その他もろもろ。珍しい与那国島の焼酎を持参した方もいました。勿論ビールもたっぷりと用意してます。
私も形ばかりの手土産に「賀茂泉」という日本酒を持っていきました。
忘年会のとき上司らに尋ねたところ、全員がこぞって勧めてくれた西条のお酒です。
さすが銘酒の誉れ高いだけあって「美味しい」「飲みやすい」と皆さんも喜んでくださったので私も嬉しくなりました。賀茂泉酒造のHPは→こちら
山友達の皆さんのおかげで、人生最高に楽しいクリスマスパーティが出来ました。
[PR]
by oka002 | 2007-12-22 17:47 | 移動中継 | Trackback | Comments(2)

紅葉狩余話

昨日のエントリで広島空港そば「三景園」に紅葉狩に出かけたことを書きました。
歌舞伎の「紅葉狩」には、貴婦人に化けた鬼女が登場します。
昨日は道を間違えてパニクった私がそれこそ鬼のような形相で車を走らせ、やっとのことで到着したわけですが。
今日は補足として、園内散策の前のことを紹介します。

まず、三景園の中は原則として飲食が禁じられています。
事前にお弁当を予約し、潮見亭の中でいただくというオプションはあるようですが。
よって来園者は、必要なら入場の前あるいは後に食事を取ることになります。
昨日の私たち親子もそれでして、三景園のすぐ隣りにあるエアポートホテルに入り、そこのレストランでランチをいただきました。

広島空港周辺は、山をいくつも切り開いて造られた丘陵地です。
この一帯を中央森林公園と呼び、ホテルにゴルフ場に山荘風の宿泊施設などなど色んなものが出来ています。
今回お邪魔したレストラン「アチェロ」は公園に面していて、広々とした景色も眺めながら食事を楽しめます。

More
[PR]
by oka002 | 2007-11-25 23:10 | 美味礼賛 | Trackback | Comments(0)

オワタ\(^o^)/

a0063926_13392473.jpg夏中苦労した仕事がようやく一段落し、本当の意味で安心出来る状態になりました。
疲れ治しにお外ゴハン。
メインの「ホタテ貝柱のトマトソースリゾット」です。
[PR]
by oka002 | 2007-10-06 13:39 | 美味礼賛 | Trackback | Comments(2)
a0063926_22481610.jpg
所用で出掛けた母がJR西条駅のパン屋さんで求めてきたというこのパン。
くりくり目玉の可愛い子です。
イカ墨が入ってるんだか何が入ってるんだか知りませんが、とにかく真っ黒で少々弾力のある生地。
「口」の中にはカスタードクリームが詰めてあります。
割と甘み控えめで美味しいです。
(ちなみに、下に敷いているのは『ハーベストココア味』)

あえて難を言えば、食べてるうち気の毒になって来るぐらいでしょうか。
[PR]
by oka002 | 2007-07-24 23:00 | 美味礼賛 | Trackback | Comments(0)
日記をサボり中だった先週末のお話。
偶然出掛けた先にパン屋があり、何気なく覗いてみたのですが、店内の一角でふと足が止まりました。
そこに並んでいたある物に思わず「おおっ」と歓声を上げてしまったものです。

ポルトガル由来のお菓子がまた出ているではありませんか。
今回は何かと言うと「トラヴェセイロ」。
首都リスボン近郊、世界遺産にも登録された美観の町・シントラの名物です。

こんなお菓子です。とっくりとご覧ください。

「トラヴェセイロ」とはポルトガル語で「枕」と言う意味。
名前が示すとおり、枕のような形に作ったパイ生地の中にはカスタードクリームが詰まっています。
パイ生地のサクサク感ともったりしたクリームの舌触りが絶妙にマッチします。
にご紹介した「ナタ(パスティシュ・デ・ナタ)」と並ぶ、かの地の愛しい美味です。

そういえば旅行でシントラを訪れたときには、お土産に綺麗な絵の付いた陶器を買い込んだな―と懐かしく思い出しました。
[PR]
by oka002 | 2007-07-05 23:44 | 美味礼賛 | Trackback | Comments(2)
所用あって外出した母親が、「広島駅で珍しいものを見つけた」と買って戻りました。
a0063926_22361861.jpg
「黒田の男気弁当」
広島カープの黒田選手にあやかり、彼の好物を取り揃えたお弁当だそうです。
どんな物なんでしょうか。さっそくいただいてみました。
  

今回は、ちゃんと中身もありますから~
[PR]
by oka002 | 2007-05-27 23:24 | 美味礼賛 | Trackback | Comments(6)

一年後

a0063926_22412393.jpg
父の誕生日を明日に控え、前にも何度かご紹介した町内のイタリアンレストランに父母を連れて行き、美味しいランチをいただきました。
写真はデザートのチーズケーキとカプチーノ(チョコシロップ入り)。
私一人で食事に来ることは時々あったものの、親子揃っての訪問はほぼ一年ぶりです。
ちょうど一年前の5月6日は、折しも連休で訪ねて来ていた姉一家ともどもここでディナーパーティを開いたのでした。

当時の模様は→こちら

この月の終わりに父が負傷入院し、翌月には祖母が他界。
他にもいろいろな出来事が重なって、まさに怒涛の一年でした。
実を言うと、父は今もリハビリ治療を続けています。
本人や家族(特に母)の苦労は言うまでもありませんが、とりあえず明日の誕生日を家で迎えられることを喜びたいと思います。
  
[PR]
by oka002 | 2007-05-05 22:43 | 美味礼賛 | Trackback | Comments(4)
今日は世間にいわゆる「半ドン」。
仕事の後、行きつけの美容院へカットしてもらいに行きました。

その前に、以前ご紹介した「ベーグルベーグル」広島asse店に立ち寄り、昼食。
「スモークサーモン&クリームチーズサンド」を今回はオーダーしました。
とても美味しそうなのですが、栄養のバランスを考えると何か青いものが欲しいところです。

ふと脇に目をやると、今まで気付かなかった「トッピングメニュー」が。
元々あるメニューにトマト、グリーンリーフ、チーズなどを追加できるサービスです。
「これだっ」と思い、アボカドスライスをトッピングしてもらいました。

ほんのり塩味に甘みが溶け合うサーモンとまろやかな味わいのクリームチーズ、さらに舌触りなめらかなアボカドの濃厚マッチアップ。
……とても美味しかった一方で、ちょっと後悔しました。
[PR]
by oka002 | 2007-04-21 21:54 | 美味礼賛 | Trackback | Comments(2)

置土産

a0063926_22155410.jpg


左は妹が一時帰国中に買ってくれた一品。
「オリジンズ」のマッサージ用ジェル「ピース オブ マインド」です。
日頃頭痛に悩まされがちな私に、いい香りでリラックス&リフレッシュできるから是非試せと言ってくれたのでした。

*************************************************
【オリジンズ「ピース オブ マインド」の使い方】

①ポンプを押して少量指先にとり、両手の人差し指に馴染ませる
②まず耳の後ろ、次いで首筋をなでるようにつける
③こめかみと髪の生え際にもつける
④仕上げに指先を鼻に近づけ深呼吸
*************************************************

さて休日の土曜日、取り紛れて忘れていた愛犬の狂犬病予防接種に行きました。
ついで健康診断。注射に留まらず採血までされた愛犬は「酷い目にあった」と憤慨していたようでした。
その後、用あって国道2号線を東上。ちょうど昼に掛かったのでお馴染み八本松の『清泉庵』に立ち寄りました。
美味しいランチの後、デザートまでいただく。お抹茶or珈琲と7種の甘味から1種選べます。
今回は抹茶と『きな粉と黒蜜のあいす』にしました。濃厚な黒蜜と香ばしいきな粉がバニラアイスと絶妙にマッチします。ご馳走様でした。
それから目的地へ向けて再び車を走らせたものの、慣れない場所で道を覚えきれず迷った末にようやくたどり着きました。

ここで「ピース オブ マインド」の出番。
爽やかなミントの香りにストレスも雲散霧消します。
気の張るドライブの強い助っ人になりそうです。
[PR]
by oka002 | 2007-04-14 22:15 | お気に入り | Trackback | Comments(0)
a0063926_22494790.jpg
一週間の滞在を終えた妹も、明日はまた機上の人となってアメリカへ戻ります。

最後の夜と言うことで豪勢にディナーへ繰り出そうかと提案もしてみたのですが、
「家で美味しいご飯を食べる方が思い出に残って、余程いいじゃないか」
と母に一蹴されました。
そこで、本日の夕食は家族4人で囲む鍋。豚肉はもちろん海老、蟹、帆立貝のエキスがたっぷり溶け出した、母の気迫が籠った水炊きが供されました。
葉物としては白菜、椎茸と人参の他、家の畑で収穫した春菊や水菜も投入。
贅沢な鍋に舌鼓を打った後の締めは、言うまでもなく雑炊です。

アメリカの友人たちにしこたまお土産を買い込み、一部は既に発送したという妹。
明日の朝は家族と広島空港まで同行して、飛行機を見送ることになっています。
[PR]
by oka002 | 2007-03-28 23:13 | 美味礼賛 | Trackback | Comments(2)