少しタガのはずれた絵日記


by oka002
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2008年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Oh no, not again!

度重なる怪我とポジション争いで思うように出場機会に恵まれず、当ブログでも不満をかこつばかりの布1兄さん。
あちらこちらとニュースサイトを捜し歩いても名前を見ることすらありませんでしたが、ようやく今日こんな記事が。

Everton's Nuno Valente suffers new injury blow (Liverpool Echo)

傷めた膝の具合が芳しくなく、ついに先週手術に踏み切ったとのこと。
ガ━━(;゚Д゚)━( ゚Д)━(  ゚)━(   )━(゚;  )━(Д゚; )━(゚Д゚;)━━ン!!!!!
そして気になる復帰時期は、早くとも来年2月半ばだそうです。
この兄さんについては、本当にもう溜息しか出ない今日この頃…
[PR]
by oka002 | 2008-11-30 11:55 | スポーツ | Trackback | Comments(2)
a0063926_0255037.jpgヘ(´・ω・`"ヘ)),,ヌキアシ,,
        ヘ(・・;ヘ)),,サシアシ,,
                 ヘ(´□`"ヘ)),,シノビアシ,,

a0063926_030673.jpg
何しとんねんそこで。


a0063926_0305668.jpgうっ、うあああぁァァァァァァ!!(←無声)



a0063926_0311662.jpgあ~びっくりした、カルバリョかぁ。一瞬布1兄さんかと思って、息の根止まっちゃったよ…。


a0063926_0325285.jpg何もそないな裏口からコソコソ這入ろうとせんでもええやろ。まぁあの試合結果やったら、そないしとうもなるやろけどな。


a0063926_0331553.jpgいやもう面目ない。…で、兄さんは?もしかして今日来てる?



a0063926_0334095.jpgうん、けど今日はえらいこと落ち込んではるわ。ほれ、パウレタ兄さんが引退しやはったやろ?あれが余程堪えてはるらしいねん。


a0063926_034775.jpgええッ、パウレタ兄さんが!?
そんなぁ、淋しいようっ ウワア-----------。゚(゚´Д`゚)゚。-----------ン!!!!


a0063926_0364165.jpgたった今聞いたみたいな驚き方すんなって…(呆)。



a0063926_037578.jpgそれにしても、ポル代最高のストライカーが現役を退いたこのタイミングにあんな負け方って、パウレタ兄さんもきっと嘆いてるよねぇ…。申し訳ない限りだよ。


a0063926_0372769.jpg本当になぁ(溜息)。布1兄さんも歳が近いし、相当ショックだったんだろうな。…兄さん、布1兄さん。気分どう?


a0063926_0375939.jpg…これ以上悪くなれったって無理だよ…ハアアアヽ(__ __|||)アアアア…(長嘆息)



a0063926_0385614.jpgホントだ、こんなテンション低い兄さん初めてだよ(焦)。…ねえ兄さん、大丈夫?



a0063926_0391737.jpgああ。どんな名選手だって、いつかはこんな日が来るもんだからな。…けどよ、いよいよパウレタ兄貴までって思うと、やっぱ胸にこみ上げるものがあるぜ。来し方行く末、自分のこともあれこれ考え合わせて、何とも言えず切ねえなあ。…ちくしょう今夜は兄貴のために飲むぜ、グビグビグビ。
a0063926_0394378.jpg
に、兄さんそれマヨネーズ…Σ( ;゜Д゜)


a0063926_040641.jpg佳いマヨネーズだな、さすがはチェルシーご用達だ。いつもの安い奴だと悪酔いして、翌朝必ず胃にもたれるんだからなぁ。


a0063926_0402431.jpgいや兄さん、値段とかそれ以前の問題だと思うよ…。(´・ω・`;)
 

まだまだ続きますよっ m9(゚∀゚)ドーン!!
[PR]
by oka002 | 2008-11-22 23:56 | Colour of My Love | Trackback | Comments(0)

鷲は飛び去った

また1人、懐かしい方がピッチを離れることになりました(寂)。
元ポルトガル代表のFW、パウレタさんが現役引退を表明したそうです。
引退後は郷里に帰り、若手の育成に携わるおつもりだとか。
a0063926_21474639.jpg
代表通算で88試合に出場、歴代最多の47得点を挙げた文字通りのエースストライカーでした。

パウレタさんは1973年4月28日、アソーレス諸島のサン・ミゲル島にてご誕生。
ご本名をペドロ・ミゲル・カレイロ・レセンデスさんとおっしゃいます。
ちなみに登録名の「パウレタ」は、ご尊父の名前からつけたとか。
国内の下部リーグを経てスペイン、次いでフランスのクラブで活躍し、リーグ優勝を果たしたほか、数度にわたり得点王にも輝きました。
a0063926_22255716.jpg
最後の所属クラブとなったパリ・サンジェルマンの瀟洒なユニフォームも、よくお似合いでした。

代表では1997年のデビューからEURO2000、2002年日韓W杯、また地元ポルトガルで開催されたEURO2004に出場。2006年のW杯ドイツ大会を最後に代表から退きました。
対イングランド戦の際、アナウンサーがパウレタさんについて「ポルトガル1部リーグでプレーしたことの無いポルトガル代表」と紹介してたのも印象に残っています。
a0063926_22321284.jpg
                   さよなら、アソーレスの鷲…
[PR]
by oka002 | 2008-11-19 22:59 | スポーツ | Trackback | Comments(2)
私の場合同じアーティストを繰り返し紹介することが多いですが、本当に好きなのでどうしようもありません。今回も既に別のアルバムでご案内したこの方。
8月に買った新車の中では専らこれと「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」をローテーションで掛け、ほとんど偏執的に聴き続けております。
a0063926_22411255.jpg

ザ・ヴォイス』 ラッセル・ワトソン
   ↑
  申し訳ありませんが、試聴はできません。

劈頭を飾る「ネッラ・ファンタジア」は、かのエンニオ・モリコーネによる美しい曲。
2曲目「愛さずにはいられないこの思い」は、ジョルダーノ作曲による歌劇「フェドーラ」中のアリアです。「愛は君に愛さないことを禁じるのだ」という歌詞がグッときます。かなり好きな曲。
4曲目は「ミゼレーレ」。タイトルを聞いたら即座に賛美歌が思い浮かびますがそうではなく、皮肉で現代的な内容の歌です。
7曲目「女心の歌」はどなたもご存知のオペラの名曲ですね。10曲目「明日に架ける橋」は勿論サイモン&ガーファンクルの代表作。また、12曲目には「フニクリ・フニクラ」を収録。これも皆さん一度は聴いた覚えがあるのでは。
順番が前後しますが、11曲目の「ヴィエナ」も私好みの曲。
15曲目(つまり一番最後)の「スウィング・ロウ'99」は黒人霊歌が元のようですけど、電子音楽を加味した現代的なアレンジがされ、躍動感溢れるスポーティーな仕上がり。
と思ったら、ラグビーワールドカップの大会テーマソングだったそうで、なるほど納得です。
どの曲も素晴らしいです(と毎回言ってるような気も)。

さて、数ある中でも出色なのが13曲目の「バルセロナ」。
ショーン・ライダーさんとの共演で、ラッセルが明るい声で朗々と歌い上げます。
同じ街にあるサッカークラブの応援歌でもないようですが、曲調は希望に満ち、聴くと元気が出ます。
この曲にだけ何故かビデオクリップがついていまして、DVD機能がついたパソコンなら視聴できます。
しかし私のパソコンで見ると音が激しく割れてしまい、ラッセルの美声も台無しに…。
ミュージックビデオなのに音割れって、致命的な欠陥じゃないのか?(*`Д´)プンプン!
まあ例によって探し出したYoutube動画を貼り付けるわけですが。
(しかしこんなのまで公開されていて、本当に大丈夫なのか)

ビデオクリップ「バルセロナ」

内容は他愛も無いものですが、コミカルでなかなか面白い作品です。
勿論ラッセル&ショーンの歌声も合わせて是非お楽しみを。
[PR]
by oka002 | 2008-11-12 23:08 | 天上奏楽 | Trackback | Comments(0)

真っ赤だな~♪

a0063926_23111631.jpg
         【ポール・マッカートニー】

a0063926_23114683.jpg
兄さん兄さん。何さっきから不気味な歌唄うてはりますねん。


a0063926_23121230.jpgあ?唄ってたか俺?最近よくやるんだよなあ。無意識のまま唄ったりとか、歩いたりとかさ。時には作った覚えもねえ料理がテーブルに出てることさえあるんだぜ。

a0063926_23123395.jpg…それってかなりヤバくね?
いっぺん診てもらった方がいいと思うよ、マジで。


a0063926_23125589.jpgなァに大事ねえよ…それよかニュースだぜ。リバプールで「MTVヨーロッパ・ミュージック・アワード」の授賞式が昨日あってよ。ポール・マッカートニーなんかも出てえれえ騒ぎだったんだぜ

a0063926_23554851.jpgええ~いいなぁ、面白そう。
ボクも近くなら覗きに行ったのにな~(惜)。


a0063926_23561897.jpgところで「MTVヨーロッパ・ミュージック・アワード」って、どんな賞だったっけ?



a0063926_23564362.jpgさあな。昔のレコード大賞みてえなもんじゃないかぐれえの想像はつくけどな。



a0063926_23565815.jpg…レコ大なら確か今もあるはずだよ、兄さん。



a0063926_23571996.jpgそんな日本限定のネタ振られたって、誰もわかるもんかい。



a0063926_23573561.jpg自分から言っといて、そりゃないんじゃない?(呆)

♪蔦の葉っぱもマッカだな~♪と続くっ
[PR]
by oka002 | 2008-11-07 23:33 | Colour of My Love | Trackback | Comments(4)
a0063926_23212330.jpgやだなぁもう、酷い目に遭っちゃった。ちょっと兄さん、聞いてくれない?



a0063926_23215093.jpgほう、珍しいこともあるもんだな。チェルシーのお前らがエバートンの俺に愚痴こぼすってか?何だ言ってみろおい、語れ聞かん


a0063926_2322158.jpgそない居丈高にならへんでもよろしいやろ。実はチャンピオンズリーグのことやねんけど…。


a0063926_2323646.jpgその話かい。フン、お前らは幸せだよな。ポルトで優勝した2003-2004シーズンの後も、毎年チャンピオンズリーグに出られてよ。あまつさえ移籍した先でまた優勝も味わったよな?エバートンで冷や飯食ってるこの俺に比べたら、何千何万倍もマシだろうが。このうえ何の不服があるってんだコノヤロー(`口´)!!

a0063926_23233321.jpgそりゃまあ、確かにそうだよ。兄さんからそんなに言われたら返す言葉も無いや。でもあともうちょっと我慢して、僕の話も聞いてくれよ。昨日はローマと試合したんだけど、3-1で惨敗しちゃってさ。

a0063926_23235445.jpg何だ?ポルトガルが生んだ世界で指折りのDFの上に、中盤の魔法使いと代表監督まで引き抜いたチェルシーが、あろうことか3失点だとう?カルバリョは一体何やってたんでえ?ことと次第に寄っちゃあ、またバケツ持って立たせてくれるぞ(睨)。
a0063926_23245629.jpg
いやあ兄さん。わてがもし居てたら、それこそそない不細工な点の取られ方させへん所なんですけどなぁ。また怪我してもうて、長期離脱中でんねん。

a0063926_23251970.jpgホントかよ?そりゃまた奇遇だな。実は俺も最近膝をやっちまってさ。この年にもなると、冷えが体の節々に堪えるぜ。…そういうことならお前のことは責められねえな。

a0063926_23253967.jpgへぇ…



a0063926_2326182.jpgしかも僕なんか、レッドカード喰らって退場させられるしさ。散々だよ(嘆)。



a0063926_23263049.jpgそいつぁ二重三重の災難だったな。



a0063926_23265331.jpg全くさ。



a0063926_23291114.jpgで、何かい今のは。退場云々の前に、そもそも出場の機会も満足に与えられてない俺への当て付けって訳じゃねえよな?


a0063926_23293445.jpgΣ(´・ω・`;;)ち、違うったら。も~何でそういう方向へ持ってくかなぁ…



a0063926_23295541.jpgそれにしても忌々しいな。今日のこの画面はどうでえ?いつにも増して青いじゃねえか(怒)。


a0063926_23301459.jpgしょうがないじゃん。出演者が1人残らず青組なんだからさ。



a0063926_0203489.jpgまあ今回は怪我人とか不運もありましたんやけど、こないな負け方しよったら心配になりますわ。監督なんか、もう決勝用にホテルまで予約する言うてはりますんやで。

a0063926_0205019.jpgへえそうかい。スコラーリの父っつぁんらしいや。そこまでやっといて、万一グループリーグ敗退とかしたら愉快だな。ニヤニヤ+(・∀・゚0)+*テカテカ


a0063926_021640.jpgちょっと、止めてよ兄さんそういうの。怖すぎだっての。
[PR]
by oka002 | 2008-11-05 23:43 | Colour of My Love | Trackback | Comments(0)
拙ブログで度々ご紹介したポルトガルの音楽ユニット、マドレデウス。
テレーザ・サルゲイロの美声にペドロ・マガリャンエスをはじめとする弦楽器が寄り添い、哀感の中にも温かみのこもったサウンドが魅力です。ポルトガル代表をともに応援するtangerineさんとのご縁を記念し、重ねてご紹介いたします。

いくつも出ているアルバムの中でも、とりわけ興味を引かれた1枚がありました。
マドレデウスが音楽を担当し、なおかつ彼らが出演までしているという映画「リスボン物語」のサウンドトラックです。
ヴィム・ヴェンダース監督によるこの映画は、録音技師の主人公が行方不明になった友人の映像作家を探してポルトガルに入り、リスボンの街を巡るというものなのだとか。
あらすじを聞くからにマイナーそうな上に、94年公開とかなり昔なので、CDなんかもう絶版かも…と半ば諦めていました。
そんなわけですから、たまたま立ち寄ったBOOKOFFに、中古品が置いてあるのを見つけたときの驚喜はいかばかりであったかご想像の通り。思わず店内で
「っっっっしゃあああぁぁぁぁぁぁぁぁ」
と小声で叫びましたよ。←待テ\(-_-;)

a0063926_21494544.jpg


「Ainda」
 ↑クリックで試聴できます。

アルバムは第1曲「Guitarra(ギターラ)」で始まります。
この曲のどこが素晴らしいといって、とにかく前奏が長い。3分48秒の曲に対して前奏が実に2分15秒を占めています(笑)。
その分歌以上にストリングスの妙技を楽しめるといったところでしょうか。ちなみにギターラはギターのこと。このグループには珍しい、明るく弾けるような曲調です。
続く2曲目は愁いを含んだ「MILAGRE(奇跡)」。文字通り奇跡のように美しい曲で、かなりお勧めです。その後以下のように続きます。

「CEU DA MOURARIA(モーラリーアの空)」
「MIRADOURO DE SANTA CATARINA(サンタ・カタリーナの見晴らし台)」
「A CIDADE E OS CAMPOS(都会と田舎)」
「O TEJO(テージョ川)」
「VIAGEMS INTERDITAS(禁じられた旅)」
「ALFAMA(アルファーマ)」

何かタイトルを見渡すだけで、リスボンの街を散歩している気分。
ちなみに「アルファーマ」はリスボンの地名で、入り組んだ路地に家並が続く庶民情緒漂うエリアです。リスボン観光の目玉の一つで、ガイドブックにも必ず名前が出てきます。曲のほうも街の喧騒を表現するかのように、スタッカートを効かせたリズミカルで華やいだ雰囲気。本作品中の一押しです。
9曲目、表題にもなった「AINDA(今も)」は7分余りもある大曲。「アルファーマ」とは打って変わって情感たっぷりに切々と歌い上げます。
最後の「MAIO MADURO MAIO(五月、熟れた五月)」はボーナストラック。

なんと嬉しいことか、YouTubeに「リスボン物語」の予告編が出ていましたよ。
ここで歌われているのがかの麗しき「アルファーマ」。
リスボンの街並みとともに、全曲をご堪能ください(謎のおじさんには目をつぶって・笑)。



成熟した色香を漂わせつつも上品、しかも少女のような可愛らしい茶目っ気も覗かせるテレーザは、憎いほど堂々たる歌姫っぷり。
長いことマドレデウスを聴いてきましたけど、テレーザが実際に歌っているところを見たのはこれが初めてです。もちろん演奏の模様も。電車の中でえらく楽しそうに弾いていますな(笑)。
カラーで映る部屋の壁に、青い絵の付いたタイルが貼られているのにお気づきでしょうか。
これが「アズレージョ」と呼ばれる絵タイルです。ポルトガルではこうした絵タイルで美しく装飾された建物が各地に見られます。
なお、見終わった後で表示される関連映像に「CEU DA MOURARIA(モーラリーアの空)」もあります。よければこちらも合わせてお楽しみください。
[PR]
by oka002 | 2008-11-01 23:16 | 天上奏楽 | Trackback | Comments(0)