少しタガのはずれた絵日記


by oka002
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

『ポルトガルの海』

以前にもご紹介した、またNHKのTV番組「探検ロマン世界遺産―シントラの文化的景観―」でも名前の出ていたポルトガルの詩人、フェルナンド・ペソア(1888-1935)。
ポル愛を標榜するものとしてはやはり一度は読んでおきたいな―と思い、広島市立図書館で借り出しました。
「探検ロマン―」でも登場したこちらの(↓)本です。
a0063926_22583183.jpg



ポルトガルの海 フェルナンド・ペソア詩選
池上岑夫 編訳 彩流社



このペソアという人なかなかのアイデアマンだったと見えて、本名の他にいくつかの「異名者(heterônimos)」と呼ばれる名前を持ち、それぞれに違った人格とバックグラウンドを設定した上におのおの違う作風で詩を書いていたそうです。次の3人がその代表格。

自然詩人のアルベルト・カエイロ(Alberto Caeiro)
異教的で古典的な作風のリカルド・レイス(Ricardo Reis)
前衛的で大胆なアルヴァロ・デ・カンポス(Álvaro de Campos )

本書にはこの3人に加え、勿論ペソア本人による詩も収録されています。
異名者の1人、リカルド・レイスのから、短い詩を1編ご紹介しましょう。

More
[PR]
by oka002 | 2007-11-27 22:19 | 書物の歓び | Trackback | Comments(0)

紅葉狩余話

昨日のエントリで広島空港そば「三景園」に紅葉狩に出かけたことを書きました。
歌舞伎の「紅葉狩」には、貴婦人に化けた鬼女が登場します。
昨日は道を間違えてパニクった私がそれこそ鬼のような形相で車を走らせ、やっとのことで到着したわけですが。
今日は補足として、園内散策の前のことを紹介します。

まず、三景園の中は原則として飲食が禁じられています。
事前にお弁当を予約し、潮見亭の中でいただくというオプションはあるようですが。
よって来園者は、必要なら入場の前あるいは後に食事を取ることになります。
昨日の私たち親子もそれでして、三景園のすぐ隣りにあるエアポートホテルに入り、そこのレストランでランチをいただきました。

広島空港周辺は、山をいくつも切り開いて造られた丘陵地です。
この一帯を中央森林公園と呼び、ホテルにゴルフ場に山荘風の宿泊施設などなど色んなものが出来ています。
今回お邪魔したレストラン「アチェロ」は公園に面していて、広々とした景色も眺めながら食事を楽しめます。

More
[PR]
by oka002 | 2007-11-25 23:10 | 美味礼賛 | Trackback | Comments(0)

紅葉狩

a0063926_204138.jpg
母親が「今年はどうでも紅葉を見たい。仏通寺※に行きたい」と、秋口から度々洩らしていました。
  ※仏通寺…三原市にあるお寺で、広島では昔から紅葉の名所と言われています。
私は仏通寺に行ったことはまだ一度もなく、ちゃんと車で行けるか不安でした(いつものお約束)。
まあ、ここでもあるいは他の所でもいいから紅葉狩に行くのも悪くないなとは思っていたのですけど、色々な邪魔が入って機会を逃し続けていたのです。

a0063926_2185477.jpgこの連休が最後のチャンスと今日出かけたのが、仏通寺ならぬ「三景園」という所。
広島空港のすぐ隣りに造られた広大な庭園です。
左の写真をよくご覧ください。奥の方に管制塔が見えると思います。






a0063926_21512576.jpg園内に入るとすぐ大きな池。そこに張り出す形で「潮見亭」と呼ばれる一階建ての事務所棟が建てられ、橋を渡してあります。厳島神社の社殿や舞台、回廊に見立てた造りです。
ここを出発点に園内を散策。想像を遥かに超えた広さで一周すると結構いい運動になります。
ただし池のほとりや山の上など、所々に東屋が設けてあって、景色を楽しみながら休憩もできます。



a0063926_21301239.jpg少し盛りを過ぎてはいたものの、散り残った所はなお色鮮やかに紅葉して見事でした。
事前に地図を調べて出発したにもかかわらず道に迷ってしまい(やはり)、かなり気疲れもしましたが、その甲斐は充分ありました。
ちなみにこの庭園には牡丹園やアジサイ園なども造られており、四季を通じて何がしか楽しめるようですので、折を見てまた訪れたいと思っています。
[PR]
by oka002 | 2007-11-24 21:51 | 日記 | Trackback | Comments(0)
a0063926_2313563.jpgこちら、ルトヘルス・ヨハネス・マルティニウス・ファン・ニステルローイ(Rutgerus Johannes Martinius van Nistelrooij)さん。
現在はレアル・マドリードCFに所属するサッカーオランダ代表です。
ポジションはフォワード。最前線でシュートをガツガツ打ちに行く点取り屋さんですね。
本名が長いためか普通には"ルート・ファン・ニステルローイ(Ruud van Nistelrooy)" という呼び名で知られています(これでもかなり長いですが)。

とまあ、こんな程度のことはサッカーをよく見る人にしてみれば改めて教わるまでもない訳で。
この方、以前から「誰かに似てる」と思っていまして、しばらく考えていたのです。
この度ようやくその「誰か」が判明しました。

…多分見ない方がいいと思いますよ…
[PR]
by oka002 | 2007-11-23 23:12 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
今夜はこれが二投目ってどうしちゃったの自分!?ですが
久々に面白いモノを発見したものですから是非お伝えしたく。
何の変哲もない文章、あるいはWebサイトを丸ごと「ルー大柴語」にトランスレートゥしてしまおうじゃないかという、まことにナイスな言語変換エンジンでございます。

ルー語変換

以前にご紹介した広島弁変換エンジン「バーチャル達川くん」と同じく、真面目でお堅い文章ほど訳し甲斐があるかと思われます。
NHKやNIKKEI netといったニュース記事などいいかもしれませんね。
ちなみに私、二つ前の日記「胡子大祭」で試して爆笑しました。
ご覧になりたいと言う奇特なお方は→こちら
[PR]
by oka002 | 2007-11-22 22:19 | お気に入り | Trackback | Comments(0)
サッカー欧州選手権(EURO)2008予選で、私のご贔屓チーム・ポルトガルがフィンランドと0-0で引き分け、本大会出場を果たしました。
バンザーイ!\(T∀T\) (/T∀T)/バンザーイ!

ポルトガル グループ2位を守り本大会出場を決める(AFPBB News)

昨年のワールドカップドイツ大会で4位につけたポルトガル代表チーム。
今回のEURO予選では大事な局面で負けたり分けたり、果ては監督が退場させられたりと最後までもつれました。
正直ここまで苦戦するとは思っていませんでしたので本当にハラハラしたものです。
予選で勝ち抜くと言うことがこんなに大変なものだったとは思いませんでした。
EURO本戦はスイスとオーストリアの共催だとか。Forca,Portugal!

そうかと思えば、なんとあのイングランドが予選敗退
[PR]
by oka002 | 2007-11-22 21:54 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

18日から胡子大祭

短かった秋も大詰めに差し掛かったか、日中も肌寒い一日でした。
秋といえば祭りの季節、全国各地で様々なお祭りがあったことでしょう。
ここ広島でもこの週末、晩秋の名物イベントを控えております。

広島の胡子大祭18日に開幕(中国新聞ニュースより)

これは広島の繁華街にある胡子(えびす)神社の秋季大祭。
商売繁盛を願って縁起物の熊手(“こまざらえ”とも言う)をいただきます。
神社の周辺は大きなデパートも立ち並ぶ商店街、というよりむしろ商店街の中に神社が埋もれていると言う方が近いような状態ですが。
お祭りに合せてどこの店でも大売出しが行われますので、買い物客が殺到して非常ににぎわいます。
(思うに大半のお客は祭りのことなど頭の片隅にもなく、ひたすらセールにのみ突進しているのではないかと)
当地では「えべっさん」として親しまれるこの祭が来ると、いよいよ年の瀬だな―と感じます。
a0063926_21423669.jpg



←ちなみにこちらは「てべっさん」。
  (カルロス・テベス選手:現マンチェスター・ユナイテッド所属)

…結局それが言いたさに書いた年中行事ネタかい…ハア…(ーー;)
[PR]
by oka002 | 2007-11-16 21:48 | 日記 | Trackback | Comments(0)

待ってました!玉様!

a0063926_21275920.jpg秋たけなわ、当ブログをご訪問くださる粋な皆様も、それぞれにアーティスティックな季節をご堪能のことと拝察します。
そんな中、私的には今秋最大の目玉と言うべきイベントが昨日行われました。
ご覧の「坂東玉三郎特別舞踊公演@広島」です。
私も今世紀が明けてから3年ぐらい前まで、歌舞伎を見るためだけに東京一泊なんてことを毎年のようにしていたものです。
それも祖母の他界や父の入院などが重なり、私だけ遊び歩くというのも難しい状況でこちらの方はしばらく遠ざかっていたのですけど、このたび玉三郎の方から来てくれたので本当に嬉しく、楽しみにしていたのです。

しかも今回は珍しくも両親が同行。
わが親ながら歌舞伎なぞには見向きもしなかった2人なんですが、思いがけず母が興味を示しましたので「それじゃ」と3人分のチケットをゲット。
お昼前に会場となる広島厚生年金会館へと車を走らせました。
到着するや否やレストランに駆けつけ、ランチバイキングを荒らして鑑賞準備も万端。
そうこうするうちにお客さんたちも続々と入ってきて、ロビー一杯に人の波ができました。
さすがに玉様の公演だけあって、ご婦人方のファッションも気合が入ってそうです。
着物姿の方もたくさんいて歌舞伎座が思い出され、こちらの気分まで盛り上がりますね。 

More…
[PR]
by oka002 | 2007-11-15 22:02 | 世界は舞台 人生は花道 | Trackback | Comments(2)

周回遅れ

a0063926_22201793.jpgアメリカ滞在中の妹から、バースデープレゼントが届きました。
もうとっくに読み終えているポッタリアンの方も多いことでしょう。

『Harry Potter and the Deathly Hallows』

図書館に頼んでも順番が回ってくるのはいつになることか。
さりとて自分で買うのも面倒という邪な魂胆から誕生日にこじつけリクエストしてみたところ、本当に送ってきてくれたのでした。

大層遅ればせではありますが、ハリポタ最後の旅に私もそろり出立いたします。
とりあえず第33章辺りから。←オイッ(゚Д゚ ;)!!
[PR]
by oka002 | 2007-11-11 22:20 | 書物の歓び | Trackback | Comments(2)