少しタガのはずれた絵日記


by oka002

<   2007年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

sure dance

ねばぎぶannexのREN先生から、とても楽しいサイトを教えていただきました。
自分で描いたオリジナル絵がかわいらしく踊ってくれるんですよ!

ROXIK|PICTAPS

よ~し、それじゃ私も!と思い立ち、鼻歌に「ダンシングヒーロー」なぞ歌いながら作ってみました。←タイトルと曲名が違うぞ
フフ~ン♪と歌いながら作るはずでした。しかし…

ちょっと肩に力入り過ぎてないですか、な第一作
※ブログによっては動画を貼り付けることもできるようですが、エキサイトは無理らしいのでリンクで。

人物画は勿論自由自在に描けますけど、背景の色を変えるとまた雰囲気が違って面白いですよ。
さて、最初のはいまひとつ気に入らなかったので第二作。

やっぱり力入り過ぎてないですか

あまり難しく考えず、単純に描いた絵のほうが、動きの面白さを楽しめるようです。
本当に面白いですから、皆さんも是非お試しください。
できたらTBその他で教えていただけると嬉しいです。
[PR]
by oka002 | 2007-02-27 21:28 | 戯れ絵 | Trackback | Comments(4)
a0063926_21555178.jpg神楽なんてのは全国どこでも神社で奉納されていて、有名な地域もあちこちあるようですが。
石見地方(島根県)で栄えた『石見神楽』もその一つです。
その余薫は安芸地方(広島県)にも伝わりまして、西中国山地一帯にいくつもの神楽団が活躍しているわけです。
各地の神社のお祭りに呼ばれて演舞するのは勿論、今は地域のイベントにもたびたび登場しますし、神楽を常時見られる温泉宿泊施設もあるようです。
それら沢山ある神楽団が一同に会する「RCC早春神楽共演大会」が年に一度、2月に開催されます。
今日はこれを観に、朝早くから父親を乗せて広島厚生年金会館まで走りましたよ。(ちなみに上の絵は『大江山』の酒天童子とその眷属)

父も田舎の人で、子供の頃はお宮で神楽を見ていたこともあったそうなので、気晴らしがてら昔のことでも思い出してみては…と母が気を遣って行かせたのです。つまるところ、ほとんどリハビリみたいなものです。

我が家の事情はともかくとして、出演する神楽団はいずれも名の通ったところばかり。
実際に見るとやっぱり巧いなと思います。それに、場慣れしているだけあってこういう劇場で「見せる」技も心得ている。すばらしく面白いです。
豪華な衣装を着た舞手がゆったりと優雅な所作を見せ、あるいは急速に荒々しく舞台を旋回する様は目も彩な見事さです。
演目には鬼退治の場面が多いですが、衣装に細工がしてあって合戦の段になると一瞬で甲冑のような形に変わります。歌舞伎だと『ぶっ返り』と言うんだったかな?これがとても巧いので、いつの間に変わったんだかわからないくらいです。
いわゆる「殺生石伝説」を取り扱った『悪狐伝』では、妖狐役の舞手が初め美女の顔をして出てきますが、ちょっと袖を動かすだけで鬼女の面になり、さらに2人一役を上手に交代して狐に変化する有様を表現していました。『塵倫』は大鬼役の所作が実に巧かった。迫真の演技で最後まで観客を沸かせました。
また厳かな舞の合間にコミカルな会話(広島弁!)を挟んでみたり、いきなり観客席から現れて餅撒きを始め、舞台でもアドリブ連発で笑いを取る人も。
劇場用にいくらか洗練されているとはいってもそこは地方色豊かな神楽、歌舞伎とは少し違った野性味があるのがまたよい。
当然ながら囃方の奏する楽も大事な要素です。太鼓と鉦、笛の簡素ながら力強い響きはどこもよかったけど、とりわけ『悪狐伝』を奏した大塚神楽団は笛方の女の子が抜群に巧いと思いました。こんな風に吹けたらいいなぁ…と羨ましくなりました。

満場の観客も熱烈な神楽ファンが大勢、中には特定の神楽団のご贔屓もいると見ました。
演舞の合間に掛け声が掛かるのはまあいいとして、口笛まで出るのはどうよ…?どうやら外国人の方も観に来られていたようです。
a0063926_23173522.jpgロビーではお弁当の他、神楽団がある地域の名産品が販売され、大勢の観客が買い求め美味しそうに食べていました。神楽に用いるお面や杖(レプリカ?)、扇子も。今日の大会のDVDの予約販売までしているのに至っては、天晴れ商魂と感心させられました。
←本日の戦果、笛袋(2本入り)

ともかくもいろんな方に観ていただきたい楽しいイベントでしたよ。ただ実を言うと私たち親子は半分しか観ておりません。何しろ演目は都合10題。そのひとつひとつが1時間ぐらいあるのですから、最後までいたら夜に掛かってしまいます。よって第二部が終わった2時30分頃に、あと5演目残して帰路に着きました。

よろしかったらこちらも是非ご参照ください。
神楽ルネサンス(中国新聞特集)
[PR]
by oka002 | 2007-02-25 23:19 | 世界は舞台 人生は花道 | Trackback | Comments(0)
ネットでニュースを読んでいたら、懐かしいお方を見つけました。
ドミニク・モナハンさん。

何かご不満をかこっておいでのようで。

そうですか。私は見たことないんでなんとも言いようがないんですが。
モナハンさん、私にとっては『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』以来の再会です。
ホビットのメリーを実に魅力的に演じていました。
大きな声では言えませんが、このシリーズの第二部と第三部は半ば
この方を目当てに見ていたといっても過言ではありません。


……いや待て、ピピンだったか?←オイッ(゚Д゚ ;)!!
ともかく彼の名前で思い出しましたので、いきなり4コマ劇場です。

『模倣はん』を読む
[PR]
by oka002 | 2007-02-21 23:35 | FAXのある風景 | Trackback | Comments(2)

悪い子はいねぇが~

きっと、世界にはこんな風習が沢山あるのでしょうね。
いつかどこかに集まってサミットでも開いてくれればさぞかし見物でしょう。
本日のナイスショット。

スイスのなまはげ (yahoo!ニュースより)

顔は怖いけど、肩から下がどことなく大黒さんみたいでキュートです。
[PR]
by oka002 | 2007-02-19 22:03 | たわごと | Trackback | Comments(0)

し…進化年表…

そもそもこのとんでもない企画を発見したのは、ブログパーツ探しがきっかけです。
お友達がご自分のブログをいろんなパーツで華やかに飾り付けているのが羨ましくて、何か面白いのはないかと物色していたら偶然こんなのが。

進化年表

「進化年表」というアカデミックな響きに、たちまちひきつけれられました。
「人やものの名前を入力すると進化の歴史が表示されます。」ですって。
どんな結果がでるんでしょう、ワクワクしますね。早速「oka」で調べてみました。

発表します。ワタクシの進化年表です。
[PR]
by oka002 | 2007-02-17 22:49 | ワンダフル・バラエティ | Trackback(4) | Comments(10)

Sound of Carnival

有名なリオのカーニバルも間近に迫ったこの頃、世界にはまことに粋狂なお祭りがあるもので。
これならドイツまで行っても見たいかもしれません。
いつものネットお遍路さんで見つけました。本日の最大収穫です。
どうぞご覧を。笑いすぎて顎が外れないようご注意。

もっとやったってください、マダム

*************************************************
「山車」と聞いてつい落語の「片棒」を思い出し、またも噴出してしまいました。

次男 「あのね、そいから山車も出るの。お父っつぁんの等身大の人形をね、前掛けして算盤抱えたのを天辺に乗せるんだよ。
手や首はからくり仕掛けでね、木遣に合わせて動くんだから、こりゃ綺麗だよぉ。
♪イヤ~~~レ~~~~エエ~~~~エエエエエ………ググッガッ、ゴッ」
父親 「おいっ、どうした今度は何だ!?」
次男 「あのね、人形の首が電線に引っかかったの」
[PR]
by oka002 | 2007-02-16 23:30 | たわごと | Trackback | Comments(0)
皆様ご想像のとおり、この映画もまだ見ておりません。
ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月
もちろんシリーズ第1作目も。←威張るな
その代わりといっては何ですが、MSN Japanでまた面白そうな診断チェックを見つけました。
ちょっと前から出ているので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

ブチギレまであと○○分?

日常の生活態度からストレス度を測り、どれくらい「切れ」やすいか判定するというもの。
興味のある方はぜひお試しを。ただしあくまでもジョークの範囲で楽しむ方がよろしいかと思います。
ちなみに私の診断結果は…ご想像にお任せします。
(こんな話題を取り上げることからして、まずバレますね)
[PR]
by oka002 | 2007-02-15 21:03 | たわごと | Trackback | Comments(0)

六菖十菊

【意味】時機に遅れて役立たないもののたとえ。菖蒲は五月五日、菊は九月九日の節句にそれぞれ用いることから。

拙ブログにおいては、管理人自身が「十日の菊」と言えますな。←自壊
春一番が通り過ぎた本日、例によって「バレンタインデー」なる贈答行事が各地を賑わせていましたようで。
私はといえば昨年同様、「こんな菓子屋の売らんかな作戦なぞにはまるものかいなァ」と知らん顔の半兵衛を決め込んでいたのですが、もしかして超有能な我が同僚が、また気を使って何か持って来はしないかと思っていたら見事に不安的中。
諸ゾ富のチョコレート一箱に靴下まで添えてくれましたよ。
ご本人は「いつもお世話になっているんですから…」と言ってくれていますが、どちらかというと私の方がいつもお世話をかけまくっているんですよぅ(爆泣)。
ともあれせっかくお恵みいただきましたので有難く頂戴し、直ちにお返しを買うことにしました。
(かくして、バレンタイン商戦にまんまと乗せられる人がまた増えるのです)
仕事帰りに最寄の菓子屋に駆けつけ、チョコレートではさすがにムカつくのでマドレーヌとフィナンシェの詰め合わせを買い求めました。
ホワイトデー?何ですそりゃ?←ココナ根性曲ガリヽ( ・∀・)ノ┌┛ガッΣ(ノ`Д´)ノ !!!

上の方のように、本当に純粋に贈り物をしたいと言うのならまだいいのですけど、何か「この日はどうでもチョコを買って、仕事場の皆に配らなきゃいけないんだ」と迫られているような感覚に囚われて、というのはやはりおかしいと思います。
受け取る方も「ああ~もらっちゃった。一ヵ月後には何倍で返さなくちゃ」と負担を感じるようでは、円滑な人間関係を築くのにかえって支障になるのではないでしょうか。
どうやらこんなことを考えるのは、私のようなひねくれ者の日本人だけでもないようで。

"Valentine's Day is a day invented by greeting card companies to make people feel like crap. "
【私訳】バレンタインデーなんか、皆が滅入りこむようにグリーティングカード会社が仕組んだお祭りだよぅ ―映画『エターナル・サンシャイン』よりジョエル

実を言うとこの映画、いまだに見ていないのです。
ジム・キャリーがらみで上のリンクにたどり着いたら、この台詞を見つけてハッとしました。
いやぁ…ここ読んだら何か激烈に見たくなってきましたよ。DVD買いもありかな?
[PR]
by oka002 | 2007-02-15 00:06 | たわごと | Trackback | Comments(0)

母不在の休日

a0063926_21481488.jpg暖冬といわれつつもこちらでは今朝は多少冷え込みまして、霜が降りていました。
その分日中はいいお天気になり、気温も上がってぽかぽか陽気でしたが。

←こんな感じで。


さて、本日は広島市にて『若年認知症サミット』なる集会が行われました。
NHKでもラジオやテレビで報道されていて、そんな全国放送されるようなことだったのかとかえって驚いてしまう地元民です。
認知症でもあった祖母を見送った私の母も、サミット開催の情報をいち早くキャッチ。
即座に聴講を申し込み、満を持して今日出かけました。

母が戻るまで私が父と愛犬を任されて留守を預かることになりましたが、ここでひと思案。
退院後の父は通院以外で家を出ることはほとんどなく、専ら屋内で変化に乏しい生活をしています。気分転換のため、ドライブがてら食事にでも連れ出そうと思い立ちました。
そうはいっても、父も元気ハツラツというわけではありませんから余り遠出も出来ません。隣町に割と最近できて、前から気になっていた回転寿司屋さんへと車を走らせました。
回転寿司にも当たり外れがあるので、ここはどうだろうかと少し緊張しながら入ったのですが、その心配はすぐ杞憂に終わりました。なかなか美味しい。
「何とかの居ぬ間に何とか」で、いろいろなお寿司を楽しませてもらいました。
「穴子の天ぷら寿司」最高です。←寿司屋ニ来テマデ揚ゲ物カイ(; ゚д゚)??
駐車場でいい子して待っている愛犬にも、チキンナゲットをお持ち帰り。
美味しかったので、いつか近いうちに今度は家族全員で行こうと思います。

夕食はあっさりと焼き塩鯖に大根おろしで。体が温まるよう豚汁(みたいなもの)も作りました。
興奮気味に帰宅した母、大いに収穫があった模様です。
[PR]
by oka002 | 2007-02-12 22:48 | たわごと | Trackback | Comments(0)

日曜洋画劇場『マスク』

( ゚д゚)<ジム・キャリーさんが
( ゚д゚)<どれだけマニシェに似ているか
( ゚д゚)<確認したいと思いました。

見ました。
[PR]
by oka002 | 2007-02-11 21:39 | 世界は舞台 人生は花道 | Trackback | Comments(2)