少しタガのはずれた絵日記


by oka002

<   2006年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

車屋さん、といっても人力車のドライバーさんではありません。←何時代の人間だ
私の愛車、鈴木圭祐号を売ってくれた販売店さんから、兼ねてお便りが来ていました。
「8月に車検の期限が来るので、またお店に寄ってね♪」と。
で、そろそろそのつもりで動き始めてもいいかな、と思い電話を入れました。
明日ならお互い都合がよさげなので、明日の夕方車を持ち込む約束をする。
さあ、忙しくなりました。
なにせ私の車にはしょっちゅう犬が乗りますので座席は犬の毛だらけ。
ちょっとでも綺麗にしておかないと先方がショックを受けそうです。
直ちに掃除にかかる。夕方とはいいながら夏の日はまだ高く、暑さで煮え返りそうです。
顔からは汗が吹き出て流れるし、全身汗だくになりながら隅々まで掃除機をかけました。
それでもさほど嫌にならなかったのは、ここでしっかり汗をかくほど体重計に乗ったとき期待できそうだから。
実際、この後入浴して汗を流し、体重を測ったら朝より1キロ以上減ってましたよ(喜)。
でも夕食を食べてしまったら、元の木阿弥以上になるんですがね。
[PR]
by oka002 | 2006-07-31 21:30 | たわごと | Trackback | Comments(0)

大遠征

日曜出勤の上に出張という、私にはとんでもない珍事が発生。
朝4時に起床し、5時30分に上司と待ち合わせて、車で兵庫県まで行って帰りました。
何しろ早朝のことでまだ走っている車がは少なく、高速道路も上下とも閑散。
普段以上にスイスイとスムーズに走れました(運転したのは主に上司でしたが)。
ドライブは快適だったのですが、日が昇るにつれ暑さがこたえてきます。
目的地に着いても、ほとんど屋外ですからまともに日差しを受けてやっぱり暑い。
数日前の外出ですっかり日焼けしてしまったのに、もう一段焼き重ねてしまいました。
暑いのも道理、広島を含む中国地方は本日ようやく梅雨明けしたようです。
[PR]
by oka002 | 2006-07-30 20:00 | たわごと | Trackback | Comments(0)

今夏、広島はアニメ三昧

昨夜書くつもりがうっかり忘れていました。
7月28日(つまり昨日)から、ここ広島でアニメーションの祭典が始まったのです。
その名も「広島アニメーションビエンナーレ」。詳細はリンク先をご覧ください。

ご存知のように「ビエンナーレ(biennale)」とはイタリア語で「2年ごとの祭典」の意。
この「広島アニメーションビエンナーレ」も隔年で実施されます。
ちなみに私自身もいまもって「鼻炎ナーレ」開催期間中(凍)。

軽く霜が降りたところで。
ともかくこの夏は、ビエンナーレに呼応し広島市内外でアニメ関連のイベントが多数開かれます。
なんだか「アニメで町おこし」といった感じもしないではないのですが。
そんな中でもちょっと触手が動くのは、広島市現代美術館で開催中のこちら。

可視幻想―山村浩二アニメーション+原画展

アカデミー短篇アニメーション賞にもノミネートされた傑作「頭山」も上映されるようです。市内で公開されていた時には結局見逃してしまったので、今度こそ是非見なければと思っているところ。
また、来月の下旬(8月24~28日)には、「広島国際アニメーションフェスティバル」というこちらも隔年のイベントがあります。今度で第11回目だそうで。
「愛と平和」をテーマに世界各国から作品を募り、優秀作を表彰するというもの。
私としてはビエンナーレよりむしろこちらに興味が湧きますね。
今回などはあの川本喜八郎氏の作も出展されるようですし。
[PR]
by oka002 | 2006-07-29 20:48 | たわごと | Trackback | Comments(0)

6つ数えろ

仕事場で「救急救命講習」なるものが開かれ、参加してきました。
意識を失って倒れるなどした人がいる場合に、人工呼吸や心臓マッサージ、必要ならAED(自動除細動装置)で電気ショックを施して蘇生させるという訓練ですね。
救命士の方が講師に来てくださり、最初にテキストで軽く理論。
その後実技訓練もしました。それ専用のお人形さん相手に、2人一組でシミュレーション。
余りよく覚えていませんが、応急処置の流れを一部ご紹介します。
うろ覚えですから多分間違ってるところもあるでしょう。
おかしいと思ったらコメントで遠慮なく知らせてください。
喜んで教えていただきたいくらいです。
  
  

More
[PR]
by oka002 | 2006-07-28 20:59 | たわごと | Trackback | Comments(0)

戦士のハーフタイム

妄想の止まらない列車。
W杯の録画したゲームを見返しているうちに、気がかりなことがまた出て来ました。
ハーフタイム中の選手たちは、一体何をしていたのでしょうか?
考えられることをいくつか列挙してみました。

イメージを壊されたくない方は、絶対に見てはなりません。
  
  

ええ?本当に見るんですか!?後悔しませんか?
[PR]
by oka002 | 2006-07-27 23:13 | 戯れ絵 | Trackback | Comments(0)
a0063926_20574122.jpgここ数日というもの雨や曇りの日が続き、今日はようやくの晴天です。
改めて太陽のありがたみを覚えました、と言いたいところなんですが。
暑さが極端過ぎるんじゃ~凸(゚Д゚+ )!!
今日は用事でどうしても晴れてくれなくては困る日だったのでそこはよかったんですが、終日の激しい日差しで焦げるかと思いましたよ。
顔や腕などは日焼け止めをたっぷり塗ったはずなのにそれでも多少焼けて赤くなってました。
まして、すっかり抜かっていた足などは…パンプス焼けがくっきり(涙)。

そんな日中でしたが夜に入り、また雨が降りました。
広島の梅雨明けはもう少し先のようです。
[PR]
by oka002 | 2006-07-26 20:57 | たわごと | Trackback | Comments(2)

お宝映像&情報増殖中

a0063926_19474933.jpg
つかの間雨が止んだと思ったら不愉快な蒸し暑さ。
そのうえ、日暮れとともにまたも雨が降り出しました。
気分まで滅入りそうになるこんな時は、ミヒャエル“「皇帝」と言うか「高校生」でも通りそうだぞ”バラックの可愛い顔でも見て癒してもらいましょう。
   ↑ココナ無礼者゙ヽ( ・∀・)ノ┌┛ガッΣ(ノ`Д´)ノ !!!

溜まったDVDディスクを整理するため、専用バッグを用意しました。
気になる番組をあれこれ録画していたら、あれよあれよと言う間に増殖。
特に先のワールドカップ期間中にまた増えて、だいぶかさばってきましたから。

それにしても、バラックという人は何度見ても初々しい、少年みたいな顔立ちをしてますね。
息子さんが3人もいる所帯持ちの方にはとても見えませんよ。
大会はとうに終わってしまいましたが、この間に出会った世界の超一流プレーヤーたちは忘れがたく、彼らの幾人かについてそのバックグラウンドなど遅まきながら調べたりしてます。

本日最大の収穫は…
[PR]
by oka002 | 2006-07-25 19:50 | お気に入り | Trackback | Comments(5)
昨夜のテレビ放送を録画したものを、たった今見終えたところです。
いや、とてもよかったですよ。
打楽器はあらゆる楽器の中でも最も原始的な種類だと思うのですが、それだけに魂の一番奥深いところを揺さぶられます。
この舞台も通しで見ながら、打楽器の響きに合わせて思わず拍子をとってました。

玉三郎さんはもちろん素晴らしい女形で大好き。
鼓童も今までまともに聴いたことはなかったのですが、ほのかに見聞くところでは迫力のある演奏でいつかじっくり鑑賞できればと願っていたところなのです。
それが今回は玉三郎さんと鼓童の共演という、一粒で二度美味しい企画。
岩戸隠れしたアマテラスを呼び戻すため、神々が酒宴を催し様々の楽を奏します。
太鼓や鉦、笛を賑やかに奏で、アメノウズメは激しく舞い踊ります。騒動を不審に思ってアマテラスが岩戸を少し開け、他の神に連れ出される有名なお話。

この番組は「アマテラス」という舞台のメイキングからドキュメンタリー形式で紹介されててなかなか興味深い。
使われる楽器から奏法、演出などいろいろな工夫が知られて面白いです。
初めて見て驚いたのですが、「鼓童」というからには太鼓だけだと思っていたのに、実にいろんな楽器を使っているのですね。
大小の太鼓のほか、鉦や木魚、鈴、琴。それに見たこともない鳴り物がたくさん出て来ます。私の耳にも馴染んだ篠笛があったのは何より嬉しい。この笛は舞台でも大活躍しました。
玉三郎扮するアマテラスが岩戸を出、神々が歓喜の楽を奏して踊るクライマックス。
観客もそれぞれが八百万の神の一人になって、ともに女神の帰還を喜んでいるような一体感を味わえました。
神代の物語に、原初の響きを持つ打楽器はとてもよく似合います。
素晴らしかったです。
[PR]
by oka002 | 2006-07-24 23:36 | 世界は舞台 人生は花道 | Trackback | Comments(0)

久々の。

a0063926_21195439.jpg不思議アイテム問題です。
さる人からもらった物なんですが。
これは一体何でしょう?


【ヒント】 長さ11センチ余り、長径3.5センチほどの楕円筒型の物体です。

わかった人からクリック
[PR]
by oka002 | 2006-07-23 21:29 | たわごと | Trackback | Comments(0)

ドラマチック広島語講座

小学校などは今週から既に夏休みだそうで、それぞれご家庭ごとに楽しい思い出作りをしようとしていると思います。
ご訪問の皆様にお尋ねしますが、夏にこれだけはという恒例の、あるいは取って置きのイベントはあるでしょうか?
海外旅行?花火大会?あるいは野外コンサートとか?
私の場合ですとこれが「芝居見物」になります。
例年8月に歌舞伎座で行われる「八月納涼歌舞伎」を見に上京する、というのがお定まりのパターンなのです。
いつだったか、東京到着当日に帝国劇場で「レ・ミゼラブル」の昼公演、翌日に「納涼歌舞伎」という、私としては信じがたい強行軍を行ったこともありますが。
ただし今年は行けるかどうか微妙。
何しろ6月に不幸があったばかりで、少なくとも盆明けまではバタバタとそれ系のイベントが続くでしょうから。
今もって観劇チケットも買っていなければ、飛行機その他の手配もしておりません。
最近じゃなんか惰性で行ってるような気もしたりする観劇旅行ですが、なんだかんだ言っても行けば必ず楽しめるところを見ると、私にはいいリフレッシュになっているのですね。
また行けたらいいな…別に八月でなくってもいいや、見たい芝居がかかれば。

ドラマチック広島語講座を受講する
[PR]
by oka002 | 2006-07-22 21:47 | FAXのある風景 | Trackback | Comments(8)