少しタガのはずれた絵日記


by oka002

<   2006年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

今日はまず、NHKのBS2をご覧になれる方にお祝いを申し上げます。

3月5日(日) 前0:40~2:11(4日深夜) ミッドナイト映画劇場
『散り行く花 BROKEN BLOSSOMS 』(1919年・アメリカ)

ヒロインの可憐さを愛で、主役の「中国人青年」に突っ込みを入れながらも見るべし。

------------------------------------------------------------------
さて、上記の作品も含まれますが、このごろは洋画の古典とも言うべき名作DVDがびっくりするような安値で買えるんですね。
私も週末にとんでもなく懐かしいものを見つけてしまいました。
昔通ってた図書館で、何度も借り出した思い出深い作品です。

a0063926_2223581.jpg
ダニー・ケイの検察官閣下』(1949年・アメリカ)

もうお分かりでしょうが原作はニコライ・ゴーゴリの戯曲。
これを喜劇の名優、ダニー・ケイが問答無用に楽しい極上ミュージカルに料理してくれたのです。ハラショー!






********************************************************
ジプシーの青年ゲオルギーは仲間とインチキ薬の行商をしていますが、お人好しで正直な性格が災いしていつもドジを踏んでいます。
親分のヤコフにも見放され、とある村に迷い込んだ末に間違って投獄されてしまいました。
ところが市長をはじめ村の名士たちになぜか大歓待され、下へも置かぬもてなしを受けます。
実は皇帝からの検察官がお忍びで来るという知らせが事前にあり、いずれも脛に傷持つ悪徳政治家は戦々恐々、ゲオルギーを検察官と勘違いしていたのでした。
********************************************************

私が図書館で見たころはまだビデオテープの時代で、タイトルも『拝啓、検察官閣下殿』といいました。
偶然目にとまったこの映画で、ダニー何てチャーミングなんだ!とすっかり惚れ込んでしまったものです。
ぼろ服をまとったドジで情けない若者のときでさえ、どこかにおっとりとした上品さが漂っています。
立派な服を着せられ、りゅうとした姿に変わっていや増す芸の冴え。
実際、銀モールの付いた豪奢な軍服に身を固めた彼が

   奥様もう一回申し上げます。メモのご用意を。
   銀モールの付いた・豪奢な・軍服ですよ。

歓迎会で情感(と顔芸)たっぷりに歌い、指揮者気取りでコーラスを指導し(後年本当に指揮者もしたそうですが)、自分の奏でるヴァイオリンに酔って涙し、剣を持って飛び跳ねるところを見たら笑い転げると思いますよ。
まさにダニー・ケイ独演会、本作のクライマックスです。
彼が歌って踊るジプシー民謡のように緩急が絶妙の間合いで交錯します。
台所で女中さんに言い寄るを慰める時の優しみに溢れたしぐさも必見。
女性なら間違いなく惹きつけられるでしょうね。そしてお約束のハッピーエンド。
ダニーのあたたかな芸風と人柄にきっと癒されるはずです。
[PR]
by oka002 | 2006-02-28 23:07 | 世界は舞台 人生は花道 | Trackback | Comments(0)
先に買い求めたAC/DCのCD(入力中に舌噛みそうになるのはなぜ?)を2週間にわたりヘビーローテーションしています。
音楽に合わせて全身、中でも頭を上下に揺さぶって楽しく聞いていたのですが、何か頚椎がおかしくなったらしく、またぞろ激しい肩こりに襲われ始めました。
「相当頑丈な首の持ち主でないと、ここのリードギターは務まらないだろうなぁ。凄いなぁ」
と、ご当人にしてみれば迷惑この上ないであろう賛辞を秘かに送りつつマッサージに行った次第です。
そしてスタッフに「うわ~固いですねぇ。凄く凝ってますよ」と言われました。←毎回

気持ちよくこねてもらった帰宅後、ブログ更新のためパソコンを起動して考える。
「…ずっと縦ノリばかりしてたから悪かったんだね。
そろそろ左右運動を取り入れる時期に来たってことか…」
それでは、というので小さいときに聞き覚えた歌など口ずさんでみるのでした。
皆様もよかったらご一緒に。ペンライトをお持ちの方はお好みで使ってください。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 冬と夏の間に 春を置きました だから春は少しだけ 中途半端なのです
 この頃は何となく 心楽しくて 知らないうちに誰かを 好きになったりします
 それで好きな人が できなかった人のために この歌は 僕からあなたへの 贈り物です

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

a0063926_2242771.jpg
 「僕の贈りもの」 オフコース

↑この歌は子供の頃からとても好きで、今も一節ぐらいならこうして鼻歌で歌うくらいなのですが、実を言うとタイトルを知ったのはつい一昨日だったりする…




この曲といい、「Yes-Yes-Yes」など他の曲といい、小田さんという方はあの透明感ある美声で「ここで泣け」と言わんばかりの盛り上げ方をしてくれますね。
みずみずしい歌詞とあいまって、聞き手を完膚なきまでに叩きのめしてくれます。
ごく初期のこれも間違いなく名曲だと思うんですが、多分20代より若い方々はご存じないでしょうね…orz
[PR]
by oka002 | 2006-02-27 22:01 | 天上奏楽 | Trackback | Comments(2)

サンマルクカフェ

a0063926_1352365.jpg母親から姉婿及び姪への誕生日プレゼントを届けに行った帰りです。
途中立ち寄ったここにて軽く食事中。
岡山発祥と云うこのお店、今は全国に展開してるとか。
名物「チョコクロ」をはじめ美味しい物にこと欠かない所です。
何より嬉しいのはスープ類を丼でいただけることでしょう。
写真(右)は「柚胡椒チャウダー」。デリシャス!
【追記】ちなみに左は「カルボナーラピザ」です。こちらも美味。

…しかしこうしてみると、つくづく私はクリーム系が好きですね。致命的な組み合わせかも。
[PR]
by oka002 | 2006-02-26 13:05 | 美味礼賛 | Trackback | Comments(0)

ここはもう花盛り

a0063926_11143233.jpg昨日からニュース等で盛んに「イナバウアー」とかいうものが賞賛されておりますね。
朝起き抜けにラジオで聞いた私は咄嗟に
「フィギュアスケートとB'zとどういう関係があるんだ」
と思いましたが←メダリストと同じく駄洒落も滑ってるし

それはさておき今日は休日。
両親が種じゃがを買いに行くと云うので車を出し、園芸店に来ています。

a0063926_11143293.jpg
花の香りがいっぱいです。
こちらはサイネリア。
純白の花びらにに群青が差して小粋。






a0063926_11143243.jpg
「季節外れの牡丹か!?」と思いきや、ラナンキュラスだとか。
シフォンを重ねたような八重咲きのゴージャスな花です。

毎度のことながらこのピンボケには閉口しますな…
(カメラの話だけではないようで)
[PR]
by oka002 | 2006-02-25 11:14 | 花図鑑 | Trackback | Comments(0)
先日、職場の送別会をレポートしましたが
↑レポートシタノハ食ベ物ダケダロウヽ( ・∀・)ノ┌┛ガッΣ(ノ`Д´)ノ !!!
そのときの主賓だった方が出席者全員にお礼をくれました。

a0063926_22101674.jpg文様フリークの私にはまさしく「猫鰹」な一品。
これ、何だと思いますか?
実寸は10センチ角ほどの陶板です。
裏にはコルク板も貼り付けてある。
コースターだそうですが、どちらかと言うと額に入れて飾りたいような美しさですね。
デザインはなんとあのウィリアム・モリスですよ。
初めて聞いたときタバコの銘柄と勘違いしたあの…(下略)


聞けば山陰にある美術館で買ったんだとか。
そんな粋な美術館があるなんて羨まし過ぎるぞ島根県!!

デートにもお勧め?なアール・ヌヴォーの殿堂的施設
ルイス・C・ティファニー美術館
[PR]
by oka002 | 2006-02-24 22:16 | お気に入り | Trackback | Comments(0)

夏の思い出

夕方帰宅しますと私宛に大きな封筒が来ていました。
開封すると中には手紙と冊子が入っています。
差出人は「日本パグウォッシュ会議事務局」。

a0063926_21505470.jpgパグウォッシュ会議とは、ごく簡単に言うと戦争防止と核廃絶を目指す科学者の集まりです。
昨年7月に広島で年次大会が行われ、世界各国から大勢の先生方が見えました。
平和公園内にある広島国際会議場をメイン会場として、幅広い議論が交わされたようです。
それまで寡聞にしてこの会議の存在を知らなかったのですが、今回のご縁で活動の趣旨を聞き、広島市民の端くれとして何かお手伝いができないかと思いました。
考えた末にわずかな寄付をしたところ、ちょうど7ヵ月になる今日、報告書にお礼状を添えて送ってくださったのでした。

戦争や暴力の絶えない世界の状況に無力感を覚えることもまれではない昨今ですが、そんな中でもこの世から争いをなくそうと真剣に努力している人たちがいるのは心強いものです。
ましてその方々が影響力のある有識者で、自分の住む町で話し合っているというのですから嫌でも気持ちが高まります。
雰囲気だけでも味わいたいと国際会議場まで行ってしまったほど。
本当に「行った」だけで、部屋には入りませんでしたがね。
(たとえ議場に入ったとしても、何を言ってるんだかさっぱりだったはずですし…)
エントランスホールをウロウロして、傍目にはさぞ怪しく見えたでしょう。
それでも誰にも文句を言われず、つまみ出されもしなかったのは
偏に広島という土地柄のせいだろうなと妙な結論を導き出して帰りました。

その日、平和公園に着いたのは夕刻でしたからもう日が傾きかけていたと思います。
原爆慰霊碑の前に来ると、会議の参加者が捧げた大きな花輪が立てかけてありました。
なにしろ夏の最中、炎天下に半日も置かれていたのですっかり萎れてしまってましたが。
ちょうどその頃にはウクライナ大統領、あのユーシェンコさんも来ていたようで
同じく花輪が捧げられていたので「いつ来たの!?」とびっくりした覚えが。

封筒に印刷された懐かしい名前が、去りし夏の記憶を呼び起こしてくれました。
[PR]
by oka002 | 2006-02-23 22:34 | たわごと | Trackback | Comments(3)

謎の遊び人

全世界のR氏ファンが祝祭ムードに包まれたこの佳き日、皆様にはいかがお過ごしでしたか。
なかんずくyu-koさん宅は、定めて阿鼻叫喚の巷と化していたであろうと拝察され
心よりお喜び申し上げます。(笑)
↑日ヲ追ッテ「きみまろ化」シテルゾヽ( ・∀・)ノ┌┛ガッΣ(ノ`Д´)ノ !!!
かくいう私もごく密やかにお祝いをいたしました。
何も「鳴かぬ蛍が身を焦がす」なんぞという艶めかしいことは一つもなく
ただ家族にこれ以上偏屈者呼ばわりされたくなさからです。

さて、ちょうどいい時節ですので、久しぶりに昔の絵など披露したいと思います。
皆様お手元に「モヤットボール」は行き渡っておりますでしょうか。

「謎の遊び人・ゲンさん」へGO!
[PR]
by oka002 | 2006-02-22 23:54 | 戯れ絵 | Trackback | Comments(0)

緊急指令

今すぐサイドバーリンク「エキサイトブログ」から「yu-koの雑記帳」を訪問すべし。
[PR]
by oka002 | 2006-02-21 11:54 | お気に入り | Trackback | Comments(7)

また、会えたね。

…クレソンポタージュの鮮やかな緑に惚れ直す。

辰巳芳子先生『四季のスープ』の再放送があり、満を持して録画しました。
バッチリ録れてたので物凄く嬉しいです。だって、標準120分DVD-RWディスクにきっちり収まるか不安だったんですから。
デッキの説明書に「ジャスト録画で180分」とはあったけど、尻切れトンボだったら悲しいし。
使いやすいようにチャプターも切っておきました。大切に見せてもらいます。

国営放送の使命はこんな良質の番組を作って放映し、国民の蒙を啓くことにあると思います。
褒めてとらすぞよ、NHK。←何様ノツモリダヽ( ・∀・)ノ┌┛ガッΣ(ノ`Д´)ノ !!!

ともかくこれで美味しい健康スープが食べられる!いやっほう!
↑その前に材料揃えて作らんか
[PR]
by oka002 | 2006-02-20 22:20 | お気に入り | Trackback | Comments(2)
今放映中の某番組で「毎朝味噌汁を飲むだけでやせる」とか言ってるようですね。
味噌汁ダイエットを敢行中のアメリカ人の方々は、
「10ヶ月で20キロもやせました」とかおっしゃっています。
本当か!?だったら幼少時から何十年も飲み続けている私なんか
とうの昔に消えてなくなっていてもおかしくないじゃないですか。

いや憤慨の余り我を失ってました。無視してください。さて
地元の図書館に頼んで取り寄せてもらった本が届いたとの報。
さっそく取りに行きました。昔読んで好きだった絵本です。私好みの魔法物語。

a0063926_220541.jpg
『水晶の箱―みたがりやのアソリーナ』
アデラ・トゥーリン 文
ネッラ・ボスニア 絵
岸田今日子 訳
↑へえ~この方が訳してたんだ。今気がつきました。



*********************************************************
アソリーナというお針子さんは来る日も来る日も人様のドレスを裁ち縫う暮らし。
「広い世間を見たい」と一念発起、商売道具一式持って旅立ちます。
一夜の宿を借りた家でいわくありげなカモシカと出会い、不思議なことが起こります。
家の床下に降りてみると、水晶の箱に小さなお城とお姫様が。
魔法使いの求婚を断ったために小さくされ、閉じ込められたという。
カモシカは姫の従姉で、魔法使いに変身させられたのでした。
アソリーナと姫で水晶の箱を外へ運び、お城も住人も従姉も救い出されました。
*********************************************************

この本、どこが気に入ってたかというとまず絵ですね。
ちょっと古めかしい、芝居がかった美しいポーズの人物に惹かれました。
特に魔法使いがいいのですよ。広袖のゆったりとした中世的な衣裳が見事です。
主人公のアソリーナは服装からして18世紀ぐらいの人だと思うので、姫君はそれこそ何百年も水晶の箱に幽閉されてたことになりますね。

  これで思い出したのはロシアの英雄叙事詩(ブイリーナ)に出てくる巨人。
  美しい奥さん(巨人の奥さんなのになぜか標準人間サイズ)に浮気されるのを恐れ、
  なんと水晶の箱に入れて持ち歩くのです。出られるのは炊事のときぐらい。
  好きな女性を他の男に取られぬよう閉じ込めておきたい願望は各国共通なのか?
  民俗学的にも興味深いお話です。
  ちなみに箱詰め奥さんもそうされるだけあって、結局ご亭主を出し抜く…(^^;

話は戻って件のお姫様、昔話にありがちなヒロインとは違う面白いキャラクターなのです。
従姉とことのほか仲がよく、二人して「絶対結婚しないから」と約束までしてたんだとか。
魔法使いが熱烈に愛を打ち明けたところで、にべもなく撥ね付けられるのは必定でした。
そのうえ従姉が行方知れずになるや、姫は自ら弓を取りご出馬、魔法使いと対峙します。
カップルが成立する可能性は限りなくゼロに近い二人でしたがちょっと惜しい気も。
勇ましいお姫様と狡猾な魔法使い、もし意気投合したら結構いいコンビになってたんじゃなかろうかと思うんですが。
[PR]
by oka002 | 2006-02-19 22:03 | 書物の歓び | Trackback | Comments(0)