少しタガのはずれた絵日記


by oka002
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フライド・グリーン・トマト

a0063926_2210549.jpg
  【左】終盤にペナルティキックを決め、チームメイトと喜ぶミゲウ・ヴェローゾ(スポルティング)

a0063926_0194764.jpg思うた程の快勝とは行きまへんでしたけど、この試合ひとつ見てもエバートン好調やて思いますわ。やっと元のエバートンに戻ってくれたゆうて、何でか知らんホッとしますがな(苦笑)。

a0063926_0195933.jpg主力選手に怪我人が大勢出て、戦力が充分整わないままでのスタートだったよね。リーグ序盤はアーセナルに大量失点したり、見てて痛々しいぐらいだったもん(涙)。

a0063926_22103269.jpgそういう栗坊こそ、もう英国からとうに出てるんだからさ。そろそろレアルの白ユニに着替えてもよくね? テヘ♪(∀`*)ゞ←栗
それはいいとしてエバートン、一時はどうなるかと思ったけど何とか持ち直したね。ここの精神力にはいつも驚かされるよ。よくこの修羅場を乗り越えたねえ。

a0063926_22421363.jpgその修羅場を毎年のように繰り返してるのがエバートンだ。
逆境に強いだの、腕利き監督の采配が功を奏してだの言や聞こえはいいが、詰まる所が失敗から何も学んでないのさ。
夏冬の補強期間に何をすべきか、いい加減考え直せってんだよな(怒)。




a0063926_0195933.jpgディレクターの仕事を下りたサ・ピント兄さん、結局グッディソン・パークに観戦に来てたみたいだね(苦笑)。


a0063926_22421363.jpgそうなんだってな。大方事前に用意した搭乗券が勿体無くなったんだろうさ。



a0063926_0194764.jpgそやないでっしゃろ。若い後輩のプレーを親みたいに見守ってはったんですわ。
その試合の前半35分ですけど、エバートンが見事なゴールを決めましたなぁ。
相手の意表をついてケーヒルが後ろに流したボールを、ピーナールが豪快に打ち込みよりました。

ピーナールのゴール 1-0

a0063926_22354840.jpgこれホント綺麗なゴールだったねぇ、感激モノだよ。
ケーヒルのヒールパスも絶妙だったし面白かった。


a0063926_22421363.jpgピーナールの巧さは今更言うまでもねえや。見るからに魂がこもったプレーだろ?ケーヒルにしたってそうさ。コーナーフラッグ猫パンチばかりが奴の芸じゃねえ。シュ~0(=^ΦωΦ^)=〇=〇シュシュッ←猫パンチ

a0063926_2236111.jpg猫パンチもねぇ(笑)。彼のトレードマークだけど、そもそもゴールしなくちゃ披露できないからねえ。
で1-0で折り返した後半早々、エバートンにまたもゴールが生まれたね。

a0063926_23104792.jpgそうだね、コーナーキックからDFのディスタンが押し込んだ。
スポルティングのGK、パトリシオは「ええ?ファウルじゃね?」ってかなり不服そうだけど(苦笑)。

ディスタンのゴール 2-0

a0063926_22103269.jpgつーか、何でハイライトがこんなに細切れなの?
試合全体をまとめた奴を1本貼り付けりゃ済むことじゃん。(´・ω・`)


a0063926_22421363.jpgうるせえな。こんなのしか『Youtube』に見つからなかったんだからしょうがあるめえ?このエキサイトブログってえ奴は未だに『Youtube』以外の動画サイトに対応しちゃいねえから、他所のチャンネルから長尺バージョンを拾ってきても弾かれちまうんだよ。全く腹の立つことこの上ねえぜ(怒)。

a0063926_22105778.jpgデコったら今日もまた余計な口を出して、藪蛇つついちゃってるわね(苦笑)。
さてホームのエバートンが2点リードして終盤を迎えたけど、このまま逃げ切りって訳には行かなかったのよね。

a0063926_23104792.jpgディスタンが自陣ペナルティエリア内でリエジソンを倒し、痛恨のPKを献上。ミゲウ・ヴェローゾがこれをきっちり決めて、スポルティングが何より欲しかったアウェーでの得点をもたらしたんだ。スポルティングが第2節に逆転の希望を残した一方、エバートンは勝ったものの少々気の重い結果になったね。

ヴェローゾのゴール(PK) 2-1

a0063926_22105778.jpgいいシュートね。敵地でプレッシャーも強かったはずだけど落ち着いてたわ。
この試合がヴェローゾ株再浮上のきっかけになる可能性も充分あるわね。


a0063926_22421363.jpg高いスキルにふてぶてしさが加わったな、結構なことだ。この分だと近くモイーズから「モウティーニョは諦めるからその代わりにヴェローゾ持って来い」なんて言って来るかもな。まあいいけどさ…(嘆息)。
けど万が一ヴェローゾが加入すりゃ、エバートンにはなかなか貴重なイケメン選手だ。観客動員数ならびにグッズ売上の大幅アップが期待できるし、クラブ財政だってもしかしたら今より少しは潤うかもな。ニヤリ(*`ー´)
a0063926_22423545.jpg
おっと、いきなり算盤はじき出したよ兄さんたら(笑)。


a0063926_22354840.jpg兄さんの隠れた商才がドカーンと炸裂することもあるかもね、近い将来(笑)。



ヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦第一節 (2010.2.16 in Goodison Park)
エバートン 2-1 スポルティング・リスボン 
(得点者) ピーナール 35分 ディスタン 49分 ヴェローゾ 87分(PK)
(退場者) ディスタン
[PR]
トラックバックURL : http://oka002.exblog.jp/tb/9985424
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by oka002 | 2010-02-17 20:43 | Colour of My Love | Trackback | Comments(0)