少しタガのはずれた絵日記


by oka002
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

休日の過ごし方について再考を促す傑作(違)『ホリデイ』

3月26日に観た映画の感想を、今頃になって書き出そうと思います。
当時は妹がアメリカから一時帰国していた折で、久しぶりに帰った広島の街を案内がてら、この映画を観に行ったのでした。

映画以外のレポートについては→こちら

容易にご想像が付くかと思いますが、邦画はともかく映画の公開はアメリカの方が日本より遥かに早いです。
今回の作品『ホリデイ』も向こうではとうの昔、多分クリスマス前には公開されていまして、従って妹はこれが2度めの鑑賞でした。「面白いから2回見てもいい」と妹は言っていましたが。
私はといえば勿論ずっと公開を楽しみに待っていて、いよいよ満を持しての鑑賞です。
とりわけあのジャック・ブラックがケイト・ウィンスレットとがっぷり四つに組んで、どんな面白いドラマが展開されることか。大いなる期待を抱いて劇場に入りました。
期待は裏切られることはなく、冒頭から(ある意味において)度肝を抜かれ、一気に物語の世界へと引っさらわれてしまいました。
  
  



  
天下の怪優ジャック・ブラック、新たな芸域開拓に成功しました。

明るい光が差し込むスタジオ。テーブルに置かれたモニタでは、緑まばゆい田園の中でちょっと時代がかった装いの男女がラブシーンを演じている最中。バックにはピアノのやさしく美しい調べが流れています。
そのピアノの主こそは、マイルズこと我らがジャック・ブラック師匠。『スクール・オブ・ロック』でのクレイジーさ加減はどこへやら、この上なく穏やかな微笑をたたえてピアノを奏でる姿は落ち着いた大人の魅力にあふれているではありませんか。ふくよかな顔とボディは健在ながら、本当にドキドキするほどのいい男ぶりです。
これは思ったよりずっといい映画そうだぞ、といや増す期待。

アメリカはロスアンジェルス在住のアマンダ(キャメロン・ディアス)は、若くして映画の予告編制作会社を経営するちょっとワーカホリック気味の美人社長。仕事は順調ですがプライベートはというと、そうも行かない様子です。クリスマスを前に恋人の浮気が発覚、口論の末アマンダは彼を家から叩き出してしまいました。恋人と別れて悲しいはずなのに、なぜか一滴も涙がでないアマンダ。もやもやした気分を晴らすため、2週間休暇をとることにしました。

同じ頃、英国ロンドンにも恋に破れた女性がいました。新聞記者のアイリス(ケイト・ウィンスレット)は3年も付き合った彼が目の前で同僚と婚約発表して大ショック。郊外の家に帰宅してからも涙が止まりません。何とか気分を変えたいと2週間の休暇を取り、「ホーム・エクスチェンジ」に応募することにしました。希望する人同士がお互いに家や車を取替えてしばらく暮すというものです。そのアイリスの家を、同じく「ホーム・エクスチェンジ」を望むアマンダが発見。交渉の結果2人が2週間家を取り替えることになりました。

ロスのアマンダの家に着いたアイリスは、広々としたプールつきの豪邸に大はしゃぎ。日差しが明るく照りつける暖かいロスで羽を伸ばします。そこへやって来たのは作曲家のマイルズ。見かけはいまいちだけどやさしく誠実な彼と、元脚本家の老友アーサーにアイリスの心は徐々に癒されていきました。
一方、アイリスの家はサリー州の田舎。雪の中ようやくたどり着いたアマンダを迎えたのは、「ピーター・ラビット」にでも出てきそうな可愛らしいコテージ。こちらは来てはみたものの、することがなくて退屈気味。もう帰ろうかしらと思っていたところへ何ととんでもないイケメン(ジュード・ロウ)が訪ねてきました。アイリスの兄のグラハムとアマンダは直ちに親密な関係になりましたが、グラハムにはどうも他の女性の影が、しかも複数ある模様。

この後多少の回り道を経て大団円となるわけですが、私個人的にはやはりキャメロン-ジュードの美男美女カップルよりケイト-ジャックと彼らを取り巻く人々に惹かれますね。
特にアイリスのメンターとなったアーサー老人の存在は大きいです。アイリスを教え励ます彼の言葉は、そのまま観客への激励にさえ聞こえます。
劇中で一番印象に残ったのもアーサーの台詞。恋人に去られたとアイリスから聞いた彼はこう言います。
「映画にはヒロインと、ヒロインの親友役の女性がいる。君はヒロインになれるのに、ヒロインの親友役を演じているんだよ」
自信を取り戻したアイリスが不実な元彼を退け、幸せに輝く笑顔で終幕を飾るまでの物語はまるで自分のことのように身近に感じられて、最後は心から「よかったね」と喜べるのです。
まだご覧になっていない方は是非どうぞ。観ればきっとハッピーな気分になれる元気回復映画ですよ。
[PR]
トラックバックURL : http://oka002.exblog.jp/tb/5429444
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by oka002 | 2007-04-16 00:54 | 世界は舞台 人生は花道 | Trackback | Comments(0)