少しタガのはずれた絵日記


by oka002
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

「先生」をイタリア語で「チェンチェーア」と言…わないか

3月と言うと、日本では卒業式に終業式、そして春休みを控え、子供たちもそわそわし始めそうな時期。
でも欧米の学校では、講義も今がたけなわといったところなのでしょうね。
そんな西欧諸国の一つ、イタリアから最高に盛り上がりそうな講義の話題が届きました。
側に寄ったら、さぞデカい先生なんだろうなぁ…
a0063926_2222966.jpg
ブッフォンが教壇に。去就問題、欧州CL、ドイツW杯、カペッロ前監督との確執を語る!!

いや~、やっぱりね~。←何が
実はこの人の名前を去年初めて聞いたとき、私はおぼろげに
「サッカー選手と言うより学者みたいな名前だな」と思ったのですね。
その後どうにも気になって調べたら、本当にこんな方がいたんですよ。

Georges-Louis Leclerc, Comte de Buffon

18世紀フランスの博物学者です。著書は『一般と個別の博物誌』など。
フランスの人なので日本では「ビュフォン」と表記するようです。
[PR]
トラックバックURL : http://oka002.exblog.jp/tb/5217477
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 風祭 紫 at 2007-03-19 01:02 x
この方でしたか・・・・

ええ のだめ~ でR★Sオケ新コンマスになった高橋クンが3位入賞したというコンクールの冠名が「ブッフォン国際音楽コンクール」だったのです

ちなみに作者二ノ宮センセはサッカー大好き 熱狂的?浦和サポのご様子です
Commented by oka002 at 2007-03-19 21:57
>紫さん こんばんは。どうもご無沙汰してます。
へえ、『のだめカンタービレ』にそんなコンクールが?(笑)
二ノ宮先生がサッカーもお好きだとは、今ここで初めて聞きました。
ブッフォンの名前を冠するところからして、とてつもない難関だということがうかがい知れますね。「狭き門」というより「堅き門」といった趣で。
『のだめ―』私はまだ読んでませんが、姉が猛烈に愛読しています。
若いとき音楽を少し勉強していたせいで、ツボにはまりっぱなしのようですよ。
by oka002 | 2007-03-09 21:53 | スポーツ | Trackback | Comments(2)