少しタガのはずれた絵日記


by oka002
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

老少不定とは言うものの…(ノд`)

青島幸男さんが亡くなったとも報道され、ショックを受けている暇もなく。
ムーミン…・!゜*。(ノд`)。・*'←違

女優の岸田今日子さん死去

女優さんとしてはどんな作品に何役で出ていたか咄嗟には思いつけませんが、割と好きな方でした。
ムーミンの声の人というイメージが余りにも強烈すぎて…ナレーター役で活躍することも多かったですしね。
あの容姿と声で独特の雰囲気を出していて、とにかく存在感のある人でした。
ご冥福をお祈りいたします。

女優、声優、文筆家etc.と多才な岸田さんでしたが、翻訳でも傑作を残しています。こちらもその中の一冊。
自分の愛読書を尋ねられたら、真っ先に挙げるでしょう。
いつ読んでも心がほんのり温まる、本当に大好きな本。
いずれこの場でご紹介しようと思っていたのですが、まさかこんな形でとは(涙)。

a0063926_20424170.jpg



ママ・アイ ラブ ユー』 
ウィリアム・サローヤン 著
岸田今日子・内藤誠 訳
(新潮文庫)
[PR]
トラックバックURL : http://oka002.exblog.jp/tb/4872283
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 某苔マニアS at 2006-12-21 00:44 x
okaさん、こんばんは。
コチラでははじめまして。階下で労働に励んでおりますSです。
サローヤンのママ・アイ ラブ ユーをみつけて思わず書き込みさせて頂きました。
ワタクシ、こちらのママ~は途中までしか読んでないのですが、対の書(夫婦の書?)とも言える『パパ・ユーア クレイジー』が大好きなのです!
もう何度も何度も読んで、手垢と日焼けで(懐かしの酸性紙製?)本はボロボロですが、今でも大切な一冊です。
なので、okaさんのブログでサローヤンの名前を拝見し、とても喜びました^^*
もし、『パパ・ユーア クレイジー』の方も読まれていたら感想などお聞きしたいです。
ではでは今晩はこれにて失礼いたします。明日もお仕事、がんばりましょ~(^^)ノシ
Commented by oka002 at 2006-12-21 22:02
>某苔マニアS様 ご訪問いただき光栄です。
また日頃からたいへんお世話になっております。
先日のぼぉねんランチ(Oさんの言い回しでは「ぷち忘年会」)楽しかったですね。
サローヤンのことですが、私は中学のときから好きな作家の一人なんです。
最初の出会いは『我が名はアラム』の一節でした。
その後少しずつ手を広げて、Sさんのお好きな『パパ・ユーア クレイジー』も読みましたよ。
(しかもこの作品、翻訳はかの伊丹十三氏・笑)
ただし、申し訳ないのですが『ママ』に比べ『パパ』の方は私にはいまひとつヒットしませんでした。
全体に抽象的と言うか私の理解を超えていて、『ママ』ほど心に響いてこなくて。
もっとも、『パパ』は若いときに一度読んだきりなので、今読み返したらもっと違う印象を受けるかもしれませんね。
Commented by sea-see-zoo at 2006-12-23 23:13
どこかのサイトで見たんだけど、昔
【アナタのお子様が眠りにつくまで岸田今日子がそばで絵本を朗読する】権利
ってのがオークションにでてたらしいね。
なんだかの福祉オークションらしいけど。
贅沢過ぎて・・(´ノωノ`)アーン゜*゜。゜
Commented by oka002 at 2006-12-23 23:49
>よしおさん エエエエエ(; ゚д゚)エエエエエ「岸田今日子さんお休み絵本読み聞かせ権」ですって!?
全然知りませんでした。でも何か…光栄すぎて…怖いですわ←オイ
もうとっくに売れて、どなたかが引き当てたのでしょうね。
岸田さんが仮にご存命で、今からでもリクエストできたらこれがいいな。
今しもオンタイムな『ほんもののプレゼント』。
↓参考資料
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%BB%E3%82%93%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%AE%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%83%88-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BC/dp/4034210605/sr=1-23/qid=1166885284/
by oka002 | 2006-12-20 20:26 | 書物の歓び | Trackback | Comments(4)