少しタガのはずれた絵日記


by oka002
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

頑張る人にご褒美を

時にはこんな僥倖もあるものなのですね。
家事に野菜作りに、また父の世話にと、労多くして功少ない激務に明け暮れる私の母です。
何かリフレッシュしてもらえる機会はないものかと思案しているところへ、突然降って湧いたいい話。
勤め先の偉い人がコンサートの招待券を2枚もらい、あろうことかそれを私にくれたのです。
a0063926_21522677.jpg
「日興コーディアルプレゼンツ・綾戸智絵プライベートコンサート」

綾戸さんと言えば、今をときめくジャズピアニスト。
演奏の合間に関西弁の軽妙なトークを挟み、オーディエンスを楽しませてくれることでも有名ですね。
うちの母もこの方のことは大層気に入っています。
そこへ思いがけずチケットをいただけたので、すっかり動転してしまいましたが、ともかくこれだけは是非行ってもらおうと大喜びで持ち帰り、母親に渡したのが8月のこと。今夜が楽しみにしていたそのコンサートで、夫婦揃って出かけ先程帰宅したところです。
いい席だったせいでピアノを弾き歌う綾戸さんがよく見えたとか、十八番の「テネシーワルツ」を生で聴けてよかったとか、お土産にお菓子が出たとか、くじでバラの花束をもらった人がいたとか口々に話していました。
父の状態も安定していて、ゆっくり楽しんで来た模様。
結婚記念日のいい思い出作りに協力できたみたいで私も嬉しいです。
   …しかももらったチケットだから、私は一銭も出してないし…フフフ←極道娘
[PR]
トラックバックURL : http://oka002.exblog.jp/tb/4361310
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Tractus at 2006-09-28 21:48 x
うちの母親も好きですよ、綾戸さん。
うちも何か文化的なことを・・・・・・と思いながら、出来ておりません。

ちなみにこの人の大阪弁は関西人が聞いても
うわ、今時、こんなに濃ゆい大阪弁を喋る人がいるのか
と思うぐらいのコテコテのイントネーションで、大変貴重です(笑)。
Commented by oka002 at 2006-09-28 22:00
綾戸さんは波乱万丈な人生を送ってこられたそうですが、様々な苦境を乗り越えた経験を面白おかしく話されるので、共感できるのだと母は言います。
パワフルで前向きな姿勢が音楽性にも現れているのかもしれませんね。

>濃ゆい大阪弁
それは、ブラジル在住の日系人の方が、ある意味日本人よりも流麗な日本語を話すようなものでしょうか(苦笑)。
by oka002 | 2006-09-25 22:32 | 世界は舞台 人生は花道 | Trackback | Comments(2)