少しタガのはずれた絵日記


by oka002
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ネイチァリング広島語講座

県北の中国山地沿いは冬季、積雪1メートルを軽く越す寒冷地。
かたや南は温暖で瀬戸内海が波静かに輝き、島嶼部ではみかんやブルーベリーなども栽培される。
そんな広島県を「日本の縮図」と呼ぶ人もあります。
野生動物もこれに見合っていろいろたくさんいます…と胸を張っていいたいところなのですが、寡聞にしてよく知りません。
ただし、私の身近では猿や狸をよく見かけますし、猪も頻繁に出没するらしい。
春だったか、イタチみたいな小動物もちょろりと出たのを見ましたね。
鳥類ならキジや山鳥といった立派なのに会った覚えも。
農作物、時には人に被害をもたらすこともある野生動物ですが、私としては動物たちがのびのび暮らせる豊かな自然を極力残し、必要なら回復して、開発は最小限に留めて欲しいと思っています。
そのほうが結局人間にも安全で暮らしやすい環境になるような気がしますし。

さて、またも懲りずにお送りする「広島語講座」、今回は「ネイチァリング編」です。
海に山に、広島の自然をエンジョイしてみたい方は必見。





  
a0063926_21145555.jpg
a0063926_2115617.jpg
          「何だ ひどくどどくってるな」
a0063926_21151614.jpg
          「何をどどくってるんだ?」
a0063926_21152516.jpg



【解答】  どもる。

【講評】  このスキットはあくまでもフィクションです。
      いくら広島でも、野生のトドは存在しません。←多分(汗)
[PR]
トラックバックURL : http://oka002.exblog.jp/tb/4260702
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by oka002 | 2006-09-10 22:08 | FAXのある風景 | Trackback | Comments(0)