少しタガのはずれた絵日記


by oka002
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

FIFAの次はFIBA


FIBA WORLD CHAMPIONSHIP 2006

バスケットボール世界選手権が本日から始まりました。
全国各地でグループゲームラウンドが行われ、決勝戦は埼玉で9月に開かれるそうです。
ここ広島でもBグループラウンドが、日本対ドイツ戦で開幕しました。
午後3時からのテレビ番組で見たのですが、さすがに凄い迫力ですね。
華麗なドリブル、すばやく切り返すカウンター、絶妙なタイミングで繰り出す3点シュートなどなど、思わず手に汗握ってしまいましたよ。
結局日本はドイツに追いつけませんでしたが、一度などは日本の誰かがダンクシュートまでして、実にエキサイティングなゲームでした。

さて、バスケットボールというと、昔『スラムダンク』という漫画がブレイクし(実は私も結構面白がって読んでました)、一気にバスケ熱が高まった覚えがあります。
ご覧になった方の中にも、その頃の思い出が蘇ったという方がいるのではないでしょうか。
実際テレビ観戦してると、アナウンサーの口調までが心なしか往時の少年○ャンプのあおり文句みたいに聞こえてちょっと引いたほどです。

それにしても、当然のことながら選手のデカいこと。
コートがちょっと狭いんじゃない?と思ったくらいですよ。
世界の一流選手ともなると、身長2mなんてざらなんですね。
日本と対戦したドイツ代表チームの要、ノビツキー選手は213㎝だとか。
   ここまでくるとノビツキーというよりむしろ「伸び過ぎ」←オイッ(゚Д゚ ;)!!
身長154㎝の私より60㎝、A・リックマン(184㎝)より30㎝、サッカーイタリア代表のルカ・トニ(194㎝)と比べてさえ20㎝も高いって、どういう人ですか((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル
a0063926_11124131.jpg
※とってもいい加減な縮尺図。
 左から私(の代理)、アラン氏、ルカトニさん、そしてノビツキーさん…のつもり。


【追記】 どうもおかしいと思ったら、案の定計算を間違えてました(汗)。
アラン-ルカの10㎝差とルカ-ノビの20㎝差がほとんど同じってありえない。
描き替えてはみましたが、これでもまだどうかな~という感じです。お許しを。
[PR]
トラックバックURL : http://oka002.exblog.jp/tb/4151428
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by oka002 | 2006-08-19 21:53 | スポーツ | Trackback | Comments(0)