少しタガのはずれた絵日記


by oka002
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ルスラン(歌劇「ルスランとリュドミーラ」より)

a0063926_14301157.jpg
比類ない勇者のはずなのに、個性的なキャラクターが他に何人も出てくるため、
なんとな~く影が薄いように見える気の毒な主人公。
ヒロインのリュドミーラだけではやはり片手落ちということで描いてみました。
例によって絵はテキトーです。あくまで「こんな感じ」といったところで。

先にお話した録画では、ウラジーミル・オグノヴェンコさんという方が歌っておられます。
大柄な体つきと愁いを帯びた端正な顔立ちで、いかにも古代の英雄然としてる。
声楽に詳しくないので不明ながら、声域はかなり低くてバスじゃないかと思います。


こういう大人の男性を描くとわかりますが、故・横山光輝先生に相当影響されてますね。
[PR]
トラックバックURL : http://oka002.exblog.jp/tb/3835701
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Tractus at 2006-06-29 22:24 x
ルスラン、かっこいいですね^^。okaさんの描かれる男性は
和洋ともども、品があって素敵です・・・・・・。
リュミドラの唇も色っぽく、艶がある大人の女性という感じがします。
Commented by Tractus at 2006-06-29 22:26 x
ごめんなさい、リュミドラではなく、リュドミーラでした(平伏)。
Commented by oka002 at 2006-06-30 21:07
このしょぼい絵にお褒めのお言葉をいただき恐縮です。
Tractusさんくらいかっこいい、大人の色香漂う男女を描きたいんですがなかなか^^;
これに限らず、お気に召す絵が万一にもありましたら、どうぞお好きにつまんで行ってくださいな(笑)。
日本語字幕がなくても海外版DVD見たいという気分になりました?
前にも言ったように、本物はこんなものじゃありません。写真でもご覧になったらきっと
全然似テナイジャナイカ凸(゚Д゚ +)ゴルア!!と怒り心頭するはずです。
と思ったら、ある方が同じオペラとゲルギエフさんについて書かれていましたよ。
こちら→http://gohken.exblog.jp/711336
私と違って音楽通らしいので、この方の意見はいろいろ参考にできるかもしれませんね。

>品があって素敵
それは、酒瓶片手に「エビフリャー(エビフライ)」なんか頬張ってても同じですかな?(爆)
Commented by Tractus at 2006-07-01 20:53 x
それでは、ありがたいお言葉に甘えて、着物美人さんたちを両手に
頂いて帰ります(^^。あ、タカウジーニョさんも好きなので、おともに。

ご紹介していただいたページを見てきました。ありがとうございます。
「ルスランとリュドミーラ」、海外版DVDでも見たくなりましたよ! 
美しい姫を恋人に持つルスランは幸せものですね。 
序曲しかまだ聴いたことがないんですが、煌きがちりばめられたような
明るくて可愛い曲で、耳を傾けていると気分が華やいできますね。

ところで、今、手元に借りてきた「イーゴリ公」のCDがあるんですが、
こちらの女性達二人も美しくてメロメロです。「だったん人の踊り」では、
これでもかとキーロフの打楽器隊がパワフルな音を響かせています。
ああ、ロシア人にうまれたかった・・・・・・! (え)

>酒瓶片手にエビフリャー
ええ。品のよさとワイルド感がつまってますよ^^。提督!
Commented by oka002 at 2006-07-01 22:29
「ルスランとリュドミーラ」見たくなってきましたか、それは紹介者冥利に尽きます。
こうなったら駄目押しにもう一人ぐらい描いてみましょうかね(謎笑)

さっき「駄目押し」のつもりが「駄目出し」と入力しかけましたよ。
本当に駄目出されたりしてorz
by oka002 | 2006-06-29 14:44 | 戯れ絵 | Trackback | Comments(5)