少しタガのはずれた絵日記


by oka002
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リュドミーラ(歌劇「ルスランとリュドミーラ」より)

a0063926_23403276.jpg
ワールドカップの日本対クロアチア戦は、結局引き分けでしたね。
あとは世界王者のブラジルに大勝するしかないという恐れ多い事態ですが、こうなったら精一杯力を出し切っていただきたいです。さて

今日は柄にもなくオペラの話題。
遠い昔にNHKの番組を録画しておいたのを久々に見て、うろ覚えで描いてみました。
タイトルでお分かりのようにロシアの伝説が下敷きになったお話です。
勇士と美しいお姫様、この二人に恋敵やら善悪の魔法使いなどが絡むメルヘンです。
一応原作はプーシキン。これにグリンカが曲をつけました。

さて、この絵のモデルはヒロインのリュドミーラ姫。
番組ではアンナ・ネトレプコさんという方がこの役を務めました。
実に可憐で愛らしく、ちょっと気の強いお姫様を好演していましたよ。
ルスランと結婚後は旦那を尻に敷きそうなくらい
当然のことながら、本物はこんな程度ではありません。はるかに美しいです。

このオペラで気に入ってるのは、ロシアの民族衣装が始終見られること。
特にリュドミーラのは典型的な若い女性のスタイルで可愛い。
エプロン型のスカートは「サラファン」。
頭には長いベールと「ココシニク」といわれる冠をつけます。
襟元もきっちり詰まっているし、全体にゆったりしていて体の線をはっきり見せない。
かの地の人々の慎み深さが伺えて、かえって魅力的です。
[PR]
トラックバックURL : http://oka002.exblog.jp/tb/3768576
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by oka002 | 2006-06-20 00:08 | 戯れ絵 | Trackback | Comments(0)