少しタガのはずれた絵日記


by oka002
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

本日開講・広島語講座

新学期開始以来初めての週末という今日、またも姉一家が訪ねてきました。
姪たちもそれぞれ小学5年と2年になり、心なしか少しお姉さんらしく見えます。
  (私も年をとるはずだよ……フ……)
担任の先生が替わったとか、仲良しの誰ちゃんとまた同じクラスになって嬉しいとか話してくれました。
大きい姪は私のデジカメに興味津々、撮影の仕方を教えたらその場で両親(つまり私の姉と姉婿)にシャッターを切る。
とっさのことだったので夫婦とも何の心積もりもなく、結果として実に自然な仕上がりに。
帰宅した姉にこの写真をメールで送ったところ、「久々の2ショット」と喜んでいました。
何事につけてもすばやく吸収する子供の柔軟な適応能力には毎度驚かされます。

学年が改まるこの時期はピカピカの1年生ならずとも新しいことを始めるチャンス。
テレビやラジオなどでも語学講座その他いろいろな番組がスタートし、書店にはテキストが平積みにされていますね。
当ブログでもこれに倣い、小さな講座を開こうと思います。名づけて『広島語講座』。
独特の言い回しや強いアクセントのためか、当地の言葉は「きつい」「こわい」と世間の評判もおよそ芳しからず、広島県民として前々から心を痛めておりました。
この講座が広島弁のイメージを少しでも払拭するきっかけになれば幸いです。
「FAXのある風景」シリーズでもお馴染みの平清盛・知盛父子が講師を務めます。
さて、その記念すべき第1回目のテーマは

「サバイバル広島語講座」←ドコガイメージ払拭ダヽ( ・∀・)ノ┌┛ガッΣ(ノ`Д´)ノ !!!





a0063926_21491513.jpg
a0063926_21494584.jpg
「へえ~可愛い家建てたんだな」
「でしょ?でしょ?」
「だがあれはのりがずえよるぞ」
a0063926_21506100.jpg
「何だよソレ」
「何言ってるんだ のりがずえよるって言ったらのりがずえよるんだ 早くどうにかしろよ」
a0063926_21502298.jpg
「わ~」
「だから言ったじゃないか のりがずえよるって 鈍いんだからなぁ」


【解答】 斜面が崩れかかっている


【講評】
描き終えてから気づいたんですが、「のりがずえよる」よりは「ほうとくなぁ(鈍い)」の方がよほど広島弁らしいフレーズなんですよね…

「よいよ、ほうとくなぁ言うたらほうとくなぁ言うたら」(全く鈍いんだからなぁ)
[PR]
トラックバックURL : http://oka002.exblog.jp/tb/3455783
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by oka002 | 2006-04-08 22:42 | FAXのある風景 | Trackback | Comments(0)