少しタガのはずれた絵日記


by oka002
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

傷心の貴公子、花に酔う 『保名』

いきなりですが、今日は何の日だったでしょうか。
え?ホワイトデー?ここをどこだとお思いで?
そういうロマンチックな筋とは無縁のブログですよ。

そのとおり、片岡仁左衛門丈のお誕生日ですね。
私も一昨昨日まで忘れてましたがヽ( ・∀・)ノ┌┛ガッΣ(ノ`Д´)ノ !!!
本日はこの季節にもぴったりな演目と共に、かの人を賛嘆したいと思います。

片岡仁左衛門さんと言えばご存知のとおり、端正な容姿に美声の持ち主。
ベテラン俳優でもあり、当たり役も数多い方ですね。
芝居でも踊りでも、きちんと整った所作でありながら、京男らしいまろやかさが魅力です。
a0063926_23364082.jpg中でも2001年だったかな?に録画した『保名』は私のお宝映像でございます。
←これが仁左衛門@保名だ!参考資料

これは恋人に先立たれて発狂した男の舞。
蝶に導かれて登場する花道の出から、桜と菜の花が咲き乱れる舞台での踊りと、瞬きする暇も惜しいほどの美しさなのですよ。




   
   
さばき髪に片袖を脱ぎ、形見の小袖を肩に掛けた保名が花道上で蝶と戯れる。
悲しみをたたえつつも心ここにあらずといった表情。
やがて、手が3本あるのか!?と言いたいほど絶妙な動きで扇が開かれます。
恋人を思い出して涙する保名。
手の先に蝶が止まったのに気づいて追い払う所作が可愛い。

舞台に来て一周するうちに小袖が肩から滑り落ちます。
保名はこれに構わず、恋人との楽しい逢瀬を再現して舞い続けますが、その間にも悲しみが波のように襲ってきます。
清元の不安定な、漂うような曲調が恋の狂気を見事に表しております。
そのうち小袖がなくなっているのに気づき、慌てて探し始めました。
傍らに落ちているのを見つけ、無邪気に喜ぶ仕草がいっそう哀れです。
終盤、「夜さの泊りはどこが泊りぞ」から、リズミカルでうきうきと楽しげな踊り地。
小袖を高く掲げて意気揚々とした直後に再び暗転、恋人の姿を求めて泣き沈む。
何とも優美で感傷的な幕切れです。

この舞踊、後に坂東八十助(現三津五郎)さんの映像でも見る機会がありました。
こちらも颯爽としていて大変きれいだったのですが、さすがに江戸前と言うか仁左衛門さんに比べ動きがきびきびし過ぎかなと思うところも…。
いずれにせよ、生涯見ずに過ごすのはいかにももったいない。
劇場なりテレビなり、機会を捉えて是非ご覧ください。くれぐれも貧血にご注意( ̄ii ̄)
[PR]
トラックバックURL : http://oka002.exblog.jp/tb/3340235
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Blink Link 役.. at 2006-04-22 05:46
タイトル : 今日は何の日
Blink Link 役立つリンク集に今日は何の日のページができました。有名人の誕生日、過去の歴史、今日は何の日など今日に関する情報が満載です。ご利用ください。... more
Commented by alex4126 at 2006-03-16 21:21
歌舞伎のことはよく知りませんが、役者さんの中で一番好きなのは前々から孝夫さんです。なんででか好きです。
Commented by oka002 at 2006-03-16 21:36
お久しぶりです、alexさん。また来ていただけて嬉しいです。
仁左衛門=孝夫という図式が出来上がってるだけで立派なファンですよ。
この方、昔テレビドラマにも出てたらしくて(私よく覚えてないんですが)、そのため「歌舞伎ファンじゃないけど孝夫ファン」という人が多いんだとか。
歌舞伎の仁左衛門はもちろんきれいですが素顔がまたいいんですよね。
日本最強の眼鏡ダンディだと勝手にランキングしてます(笑)
Commented by alex4126 at 2006-03-18 21:39

そうそう、なんのドラマか忘れましたが、孝夫さん出てましたね。まだ子供だったけれどその頃から好きでした。

お兄さんはどうも嫌な役が多くて好きじゃなかったです。あと、海老蔵も…。すみません、今の名前は分かりませんが、5月に復帰する方です。大昔、若尾文子と出てませんでしたか?

Commented by oka002 at 2006-03-18 22:42
5月に復帰とおっしゃるのは、市川団十郎のことでしょうかね?
孝夫さんのお兄さんと言うわけではありませんが…
(ちなみに孝夫さんにはリアルでお兄さんが二人おられます。
片岡我当と片岡秀太郎といういずれも歌舞伎俳優)
そのドラマで孝夫さんのお兄さん役で出てらしたんですか?
若尾文子とか言われるともうさっぱりお手上げです。すみません(^^;
Commented by alex4126 at 2006-03-19 08:16
すみません、書き方が悪かったですね。
孝夫さんのお兄さんはと言ったのは秀太郎さんのこと(もと高田美和のダンナ)です。すごくイヤな役で印象が刷り込まれてしまった感じなんです。なんせ子どもの頃だったモノで…。

あと団十郎がむかし海老蔵と名乗っていた頃若尾文子と出ていて、これまたイヤな役だった上あまりの風貌の濃さに拒否反応を起こし、いまだ尾を引いています。新之介は好きですが。
Commented by oka002 at 2006-03-19 13:33
秀太郎さんのことでしたか。ドラマにも出てたんだ…( ・∀・)ノシ∩へぇ~へぇ~ 。
この人歌舞伎では女形ですので想像がつきませんわ。
団十郎の濃い風貌は私もちょっとパスです。素晴らしい役者さんだとは思いますが。
初々しかった新之助(ご子息)も今は海老蔵を名乗ってますよね。
月日の経つのが早いこと。先代団十郎を知ってる人には隔世の感でしょう。
by oka002 | 2006-03-14 23:33 | 世界は舞台 人生は花道 | Trackback(1) | Comments(6)