少しタガのはずれた絵日記


by oka002
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

口三味線などと侮ってはならじ 「片棒」

早いもので二月も半ばを過ぎましたね。
もう半月もすれば姉婿や大きい姪の誕生日ですし、またアマゾンさんのお世話になることになります。
アマゾンには「マイページ」というものがあって、自分の買ったものや検索したもののデータから個人の趣向を割り出し、「こんなのもありますよ」と勧めてくれるんですね。
わずらわしく思うこともありますが、これでなかなか楽しめる機能でもあります。
つい最近ここでAC/DCのCDを2枚手に入れましたが、その直前に買ったのがこれ。

a0063926_20412888.jpg柳家さん喬1 「片棒」「芝浜」

私の大好きな演目「片棒」と「芝浜」を二つながら収録した嬉しい一枚です。
ただし「芝浜」については、一番最初に聞いた桂三木助師匠の印象が鮮烈で、そちらの方が好きなんですが。



「片棒」とは、けちな商人が三人息子に父親である自分の葬式をどうするか尋ねるという噺。
一番出費のかからない解答を出した者に財産を譲りたいと意図しています。
上二人は豪華な支度でひどい散財をする計画をとうとうと述べ立て父親の逆鱗に触れます。
対して末息子の意見はいかに?

この噺をラジオで初めて聞いたときには、次男坊のくだりに笑い転げたものです。
お気楽な道楽者の次男坊は父親の葬式をなんと祭仕立てで出すという。
木遣に続いて芸者の手古舞、父の等身大人形を乗せた山車にお神輿まで。
威勢のいい囃子を延々と口演するのが最大の聞き所です。

ハードロックの後で聞く出囃子はなかなか色気があってよろしい。
さん喬師匠のは「鞍馬獅子」なんだそうです。このCDは

出囃子~マクラ
せがれ その1
せがれ その2
せがれ その3~サゲ

といった具合にちょうどいいところでチャプターを切ってくれてますので、時間のないときには「せがれその2」から聞くといったこともでき便利です。

その他に古今亭志ん生のDVDなど落語関係をかなり物色したものですから、
AC/DCともどもアマゾンのマイページにきっちり表示されます。
燃え立つような赤い髪を振り乱しギブソンSGをかき鳴らすアンガス・ヤングさんと
志ん生師匠の枯れた味わいある似顔絵が一つ画面にあるのはなかなか哲学的ですね。
「鰻に梅干」といった感じで。←それは食べ合わせの悪い物の例だというのに


今回の投稿をどこに分類すべきか迷ったのですが、落語→寄席→舞台ということで落着。
[PR]
トラックバックURL : http://oka002.exblog.jp/tb/3208131
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by oka002 | 2006-02-16 21:31 | 世界は舞台 人生は花道 | Trackback | Comments(0)