少しタガのはずれた絵日記


by oka002
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

やはり凄かった「リバーダンス」


地震が三日ぐらい収まらないのではないかと思いました。
一斉に足を踏み鳴らす驟雨のような轟き。
優雅にまた荒々しく舞う、鍛え抜かれたダンサーの動きに息を呑む。
「人体とはここまで自在に操れるものか」と驚嘆しました。
隊列を組み、組んでは解いての群舞は妖精たちの祭りを思わせ
妖艶な美女が男を翻弄する舞いに、不思議とどこかで見たような懐かしさを覚える。

イーリアンパイプが憂いを帯びてうなり、
バイオリンがうきうきと、あるいは切々と歌い
ドラムの響きが内臓まで震わせます。
もちろんここではダンサーも楽器の一つとして、主旋律を奏でます。

美しい歌と音楽、そして絶妙なダンスを堪能しました。
私の拙い筆では到底書き表せませんが
ありとある芸術の原点を見たような気がします。
ダンサーの動きに合わせて観客の体と魂も躍動する素晴らしい舞台でした。



…鑑賞中に頭痛が起きなかったのは、この震動で血行がよくなったからかも…
↑「セロ弾きのゴーシュ」ニ出テクル動物カイ??(; ゚д゚)ポカーン

(追記)忘れないうちに書いておきますと、私が見たときの男性第一舞踊手は
「ロビンフッド」のときのクリスチャン・スレーターにちょっと似てました。
[PR]
トラックバックURL : http://oka002.exblog.jp/tb/2709923
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by oka002 | 2005-11-27 10:48 | 世界は舞台 人生は花道 | Trackback | Comments(0)