少しタガのはずれた絵日記


by oka002
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

恋はみずいろ

a0063926_123361.jpg
 【M・ペレイラとアレバロの間に割って入るムンタリ(ガーナ)】

a0063926_23432778.jpgW杯も大詰めに差し掛かって、もう準々決勝が始まりましたな。
ガーナとウルグアイごっつええ試合してましたなあ。
まさに激突ちう感じでしたわ。

a0063926_2342404.jpg面白かったよね、すっごい中身の濃いゲームで。
ついでにメンバーも濃い顔の人揃い(笑)。


a0063926_21161979.jpg俺も見たぜ、延長後半10分ぐらいからPK戦までだがな。εミ凹〇←栗



a0063926_23434570.jpgこぉ~れ(笑)。( ´∀`)ノ゛☆(*_ _)



a0063926_23451263.jpg駄目だろちゃんと最初から最後まで見なきゃ。
あんないい試合見逃すなんて勿体無いよ。(`・ω・´)


a0063926_21161979.jpgそう言うな、こちとらポル敗退からすっかり消沈しちまってよ。
深夜から早朝まで延々と見続ける気力が出なかったんだ。
今朝起きてTVつけたら運よくまだ延長戦やってたんで、そのまま見てたのさ。

a0063926_23474721.jpg一体どこ時間で生活してるのさ、兄さんたら(呆)。






a0063926_2222111.jpg
 【タイムアップ直前、ガーナの決定機をスアレスが手で止める】

【2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会 準々決勝】
ウルグアイ 1-1 ガーナ (4-2 pens)
〈得点者〉 ムンタリ(45+2分) フォルラン(55分)
(2010.7.2 in サッカーシティ)

a0063926_21474622.jpg1-1で迎えた延長戦だったけど、終了の笛が鳴るまで息つく暇もないぐらいのせめぎ合いだったね。
ウルグアイゴール前に双方の選手が入り乱れて激しい攻防を繰り広げる。
アディヤのヘッドが決まったかと思うところを、ストライカーのスアレスが手でかき出した(苦笑)。
a0063926_23474721.jpgもちろんスアレスは退場、ガーナにPKが与えられた。
絶好のチャンスだったけど、ギャンのシュートはバーに当って失敗。
PK戦の末にウルグアイが勝利して、準決勝に進むことになったんだ。

a0063926_1271511.jpg
 【アブレウの見事な浮き球シュートでウルグアイ準決勝進出】

a0063926_2342404.jpgあのハンドが試合の流れを変えちゃったね。
あそこまで露骨にやられると却って爽快な気が(汗)。


a0063926_23432778.jpgあれは必要なことやったんや。終了間際に勝ち越されるゆう、ウルグアイにしたら最悪の展開が目前に迫ってたんやから。ハンド使うてでも止めなどないすんねん思うてたはずやで。

a0063926_23434570.jpgそうよ。もちろん反則なんだけど、あそこで1点入ってたらウルグアイは敗退を免れなかったもの。PKに持ち込んで外す可能性を僅かでも残すなんて凄いわ。
スアレスは文字通り捨て身の賭けに打って出たものね。

a0063926_23472917.jpgあれでもしPK決められてたら猛烈に叩かれてたろうにね。ファウルを責めるより何かこう、「恐れ入りました<(_ _)> ペコリ」て言いたくなっちゃう。


a0063926_23474721.jpg勝負を知る男って、こんなのを言うんだろうね。ホント肝が据わってるや。
ある意味ボクらも見習うべきところがあるかもしれないね。


a0063926_21161979.jpgそうとも。こないだスペ代に負けたときゃ、残念だったがポル代もまあ善戦してたかなと思ってた。けどこの試合を見てから思い返すとなァ…やっぱり何か欠けてたんだと思わざるを得ないよな。勝利へのあくなき執念て奴だ。どんなことしてでも勝つんだって気概がな。お前らは諦めが早すぎたのさ。
a0063926_23451263.jpg
だよね。こないだも前半は互角以上の戦いをしてたのに、先制されてから尻すぼみになっちゃった。(´・ω・`)ショボーン

a0063926_21474622.jpgこれでも昔に比べたらだいぶタフになってきたと思うけどね。
肝心なときに限ってメンタルの弱さが顔を出すんだよねえ。


a0063926_21161979.jpgあとは勝つための戦術、駆け引きよだな。相手の意表をついたり裏をかいたり、時には警告・退場のリスクを犯してでも味方の有利になるよう試合を運ぶんだ。いわゆるマリーシアって奴だよな。

a0063926_23434570.jpgかつてのポル代が苦手にしてた戦い方なのよね、何しろお人好しが多いから(苦笑)。実際とても難しいわ。知力だけじゃなく胆力も相当必要だし、人に怪我させたりするのは当然ご法度よ。 

a0063926_21161979.jpgでもまあ良かったじゃねえか、早々と解決策が見つかってよ。ガーナとウルグアイに感謝しなくっちゃな。とりあえず明日から朝夕2回、この2カ国に向かって礼拝するがいいや。
それからポル代の次期監督には是非ドゥンガを招聘するんだな。丁度今手が空いたようだしよ。
a0063926_23451263.jpg
そうだった、何とブラジルがオランダに負けちゃってさ(悲)。
早々と退任を表明したんだよな、あの鬼軍曹監督。

a0063926_2342404.jpg大変だよねえ…優勝して当たり前だって思われてる国の代表監督って(汗)。



a0063926_23472917.jpgでもドゥンガいいんじゃない?ブラジルでは運がなかったけど、もしかしたらポル代の方が合うかもしれないよ。
ブラジル人監督がポル代で結果を残したケースも既にあることだしね(笑)。

a0063926_21161979.jpg俺にしちゃ画期的なまでにスクエアな意見だろ?
それにしても今どうしてるんだろうな、スコラーリの父っつあんは(遠い目)。



a0063926_21424060.jpg
   【懐かしくも微笑ましい元ポル代の3ショット】

"Love Is Blue" by Paul Mauriat

[PR]
トラックバックURL : http://oka002.exblog.jp/tb/10916948
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by oka002 | 2010-07-03 20:54 | Colour of My Love | Trackback | Comments(0)